ユニクロ スポーツ用サングラスのコスパが最高すぎるから紹介する

今や、日本で知らない人のいないくらい有名なブランド、ユニクロ。僕もかなりお世話になっています笑。

あらゆるジャンルの服や小物を扱っており、低価格なのに対し品質が良いため、服を買うときにはついつい足を運んでしまいますよね。

そんな様々なファッションアイテムを扱っているユニクロですが、スポーツ用のサングラスも販売していることはご存知でしょうか?

ユニクロユーザーの方なら一度は目にしたことはあるかもしれませんね。

しかし、「このサングラスって自転車にも使えるの?どう考えても安すぎるし、競技用として本格的に使うとしたら、ユニクロのスポーツサングラスは選択肢に入るのか….」

と疑問に思っていました。きっと、皆様の中にも、安かろう悪かろうでユニクロのスポーツ用サングラスにあまり良くないイメージをお持ちの方はいらっしゃるかと思います。

だって自転車用のサングラスって、いいものだと数万円しますし、まさか1500円ほどで良い商品な訳ないですよね。

ところがある日、僕に転機が訪れました。所持していたサングラスを落として壊してしまったんです。そしてその時ちょうどユニクロのセールでスポーツ用のサングラス(2018年モデル)が、1000円で販売されていました。

とりあえず、次のサングラスまでの繋ぎとして、買ってみるか…。という気持ちで、ユニクロのサングラスを購入し、実際に使用してみることにしました。

そして、実際に使ってみたら….

あらびっくり!

今回はユニクロで販売されている、スポーツタイプのサングラスが想像以上によくできている商品だったので、皆様にご紹介したいと思います!

レビューだけ見たいよという方は、「ユニクロのサングラスを3ヶ月間使用してみて」という章からご覧ください。目次をクリックしていただければ、そこまでとべます!

スポンサーリンク

サングラスの重要性

突然ですが、皆さんはサイクリングの際、サングラスはしっかりと着用していますか?

「自分はゆるポタ勢だからサングラスなんてする必要ないや」

「ガチ勢っぽくて恥ずかしい…」などなど、

様々な理由で、サングラスの着用を拒んでいる方は意外と多いのかもしれません。しかし、そんな方々にも是非、サイクリングの際にはサングラスを着用していただきたいと思っています。

サングラスを着用することによって、思わぬ事故や怪我のリスクを大幅に下げてくれるというメリットがあるからです。

上記の記事でも取り上げられていますが、サングラスを着用する効果として、

  • 紫外線対策
  • 異物から目を保護
  • 視界をよくする

が挙げられます。

より良い自転車ライフを送るためにも、サングラスの着用は必須と言っても過言ではないんです

ユニクロのサングラスを3ヶ月使用してみて良いと感じた点

ユニクロのサングラスを次のサングラス購入までの繋ぎとして使用していた僕ですが、メインとして使用しても問題ないっていうくらいに気に入ってしまいました。

実際にロードレースにもこのサングラスで出場しましたが、全く問題はありませんでした!

その理由についてお話しします。

①形状が日本人の骨格に合っている

サングラスって形がかっこよくても、実際にかけてみるとなんか窮屈に感じたり、サングラスをかけている自分の姿が思っていたのと違うことってよくありますよね。

あれは、自分の頭や顔の骨格にサングラスの形があっていないからなんです。

サングラスによっては欧米人向けに製造されており、日本人の骨格に合わせてつくられていないものがあるため、フィッティングをしないでそのような商品を選んでしまうと、なんか違う感が出てしまう原因になります。

特にスポーツ用のサングラスはフィット感が重要なので、骨格にあっていないサングラスを着用していると、ハードな動きに耐えられず、ずれてしまうということもあり、思わぬ事故に繋がってしまう可能性があります。

従って、そのようなリスクを抑えるためにも自分の骨格にあった形状のサングラスを見極め、購入をするべきなんです。

そんな中でも、ユニクロのスポーツ用サングラスはアジア人のような顔の形状でもしっかりとフィットするようにつくられていると感じました。

日本人として平均的な鼻の高さの僕は、海外メーカーのサングラスをかけると、ノーズパッドの高さやレンズの形が適切でないことにより、頰にレンズがついてしまうことがあります。

しかし、ユニクロのスポーツ用サングラスは、ノーズパットの高さやレンズの形が日本人向けで、まさにジャストフィット!という感じでした。

かけ心地がいいため、長時間かけていてもストレスフリー。頭を振ってもかなりの安定感があり、よほどのことをしない限りはずれることはなさそうでした。

なんとノーズパッドの高さを調整する機能までついています!

②視界が良好

サイクリングをする上で視野性の高さは非常に重要になってきます。特に、高速域を出すロードレースで視界が悪くなると大きな事故につながるリスクが上がってしまうため、かけた際の視野性の高さはサングラスを選ぶ際に最も重要視したいポイントです。

このユニクロのスポーツ用サングラスは以下の機能がレンズについています!

  • 紫外線99%カット
  • 偏光レンズ
  • ブルーライト15%カット

僕がユニクロのスポーツ用サングラスをかけて外出した際に、まず思ったのが周りの見やすさでした。

このサングラスは1500円ほどと低価格なのに偏光レンズが使用されています(偏光レンズは反射光をカットしてくれるため、辺りの物をくっきりを視ることができるようにしてくれます)。

長時間かけていても目が疲れることがなく、この価格帯のサングラスの中では群を抜いた性能を持っていると思いました。

③何と言っても価格が安い!

やはり、サングラスは大切にしていても、落としてしまったり、石が跳んできてレンズに傷がついてしまったりして交換せざるを得ない時があります。

財力があれば問題ないですが、高級サングラスを買い替えてばかりではお財布が寂しくなってしまいますよね。

しかも、取り扱いも神経質になってしまうと思います。

しかし、ユニクロのスポーツ用サングラスは1500円ほど!

安い!

その一言に尽きます。

気兼ねなく、使用できるのはいいですよね。

惜しいと感じた点

コスパ最強のこのサングラスですが、惜しいと感じる点はいくつかありました。

①サングラスと顔の間から風が入る

先ほど紹介したように、アジア人の骨格にも合うようにノーズパッドが高めに設定されているため、顔とレンズの間に少しだけ、隙間が空いてしまいます。

そのため、サイクリング中、若干風が入り込むことはありました。

このデメリットは人によってだいぶ異なるかと思いますが、僕の場合はそうでした。

しかし、目が乾くというほどのものではなく、本当に若干という感じだったので、許容範囲でした。

②トンネル内で視野性が低くくなる

レンズの色が変わる、調光機能は流石に入っていないため、トンネル内や夕方以降の視野性は低くなってしまいます。

夜のサイクリングがメインの方には正直なところお勧めできません。

僕が思うこのサングラスの価値

僕が今までいくつかのサングラスを使用してきた中で、このサングラスのパフォーマンスがどれくらいの価格帯のサングラスに匹敵するのか考えてみたところ、

3000円から5000円相当の価値はあるのではないかと。

少なくとも、1500円、セール時で1000円ほどの価格で買えるような代物ではないのかなと思いました。

まさに、ユニクロ恐るべし!

耐久性に関してはまだわからない

僕はまだ3ヶ月ほどしか使用していないため、耐久性については良くわかりません。

しかし、3ヶ月経った今でもほぼ新品みたいな状態なので、まだまだ使えるのではないかと思っています。

一応、メイドインチャイナということで商品により多少のブレはあるかと思いますが、他のサングラスもおそらくそうなので、そこはデメリットではないのかもしれません。

まとめ

今回はユニクロのスポーツ用サングラスについてご紹介させていただきました。

ぜひ皆様も、使用されてはいかがでしょうか?

予備のサングラスとしても活躍しそうです!

もし、メインのサングラスとしていいものを購入したいという方は以下の記事を参考にしてみてください!

高価なものは数万円しますが、それに見合った性能は持ち合わせています。