固定ローラー台で練習で絶対に欠かせないとアイテム5選!

最近だんだん寒くなってきましたね(11月下旬執筆)。紅葉していた木々の葉もすっかり落ちてしまいました。自転車に乗っていると手が悴んでしまうほど…。

この時期の早朝はもう真冬並みに寒いですし、外でサイクリングするのが億劫になってしまいがちですよね。

でも、ロードバイクって継続的に乗っていないと体力が落ちてしまいそうだし…と葛藤の毎日。
自転車に乗り始めてしまえば、そんなこと考えずにひたすら頑張ろうと思うのですが、それまでの初動が…って感じです。

しかし、そんな外練に至るまでの腰が重くなってしまう時期にも、ローラー台があれば一安心。
恐怖症にもなりかねない、拷問装置でもあるローラー台ですが、少しでも速くなりたい!と思うサイクリストにとっては最高の練習環境を与えてくれるものでもあります。

自分の体力、脚力の低さに悩むロードバイク初心者の方には、特にローラー台の購入をおすすめです!
最近では、静音性の高いのローラー台も次々と発売されていますので、一昔前よりは導入にあたっての障壁は低くなりましたよ。

積極的に室内トレーニングに励みましょう!

ということで、今回はおすすめのローラー台の紹介を……といきたいところですが、それはまた今度! 本記事では、ローラー台練習に必要な道具を紹介したいと思います。

僕がローラー台練習をするにあたって、絶対に欠かすことができないアイテムを5つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1. ヘッドバンド

ローラー台練習をする上で一番対策する必要があるのは汗です。特に頭部からはものすごい量の汗が出てきますよね。

これは、熱に弱い脳を守るためだそうです。基本的に脊柱近辺は発汗量が多く、頭部は特に汗をかくらしい…。

しかも、一般的に汗の量は加齢とともに低下していくと言われていますが、頭部からの汗の量は年齢とともに低下しにくいという特徴があります。

つまり、誰でも激しい運動をしたら、頭部から大量の汗をかくってこと。

実際に僕自身、ローラー台をした後は髪型がお風呂上がりのような仕上がりになります。

従って汗対策するなら、まずは頭!

ヘドバンは絶対に必要です!ヘッドバンギングじゃないですよ!ヘッドバンド。

ヘッドバンドをするだけで汗がポタポタ床に落ちるのをだいぶ抑えられます。

もし、ヘッドバンドをお持ちでないのならばタオルを頭に巻いてもいいのですが、タオルですと結び目がほどけてしまったりと、練習の集中力を削ぐ原因になってしまう可能性があるので、余計な心配をしたくない方はヘッドバンドの購入をおすすめします。

ヘッドバンドを使うようになってから、ローラー台練習するときにヘッドバンドをするのは当たり前になってしまいました。もしヘッドバンドが無かったとしたら、練習したくないくらい汗が邪魔で不快に思ってしまいます。

ということでヘッドバンドは絶対に必須!

ちなみに私はナイキのヘッドバンドをして練習しています。

汗を結構吸ってくれて締め付けも強くないですしおすすめです!

2. パワフルな扇風機

これも絶対必要です

自分はロードバイクに乗っていても汗とかそんなかかないし扇風機なんていらないよ。 

そう思っている方は、改心してください。

ローラー台練習中の汗の量って、想像できないくらいすごいんです。

無風で、自転車漕ぎ続けるってこんなに暑いんだって僕自身も初めはびっくりしたくらいです。

ということで、とにかくパワフルな扇風機の購入をおすすめします。

背が高くて、最大パワーが強いものを!

僕的には業務用の扇風機がおすすめです。大は小を兼ねますからね。

3. サイクルグローブ

意外と重要なのがサイクルグローブ。

ローラー台なので手に伝わる振動はほとんど無いですが、手汗が….。バーテープがカビちゃうんじゃないかっていうくらい発汗します。

そこで、特におすすめなのが、手の甲にあたる部分がタオル生地になっているグローブです。

顔も汗をたくさんかくので、グローブで拭いちゃいましょう!

ちなみに、指先が露出する夏用グローブの方が、スマホを触れるのでおすすめです。

4. 防音マット

これは集合住宅にお住いの方に必要なアイテムです。

使用するローラー台によって振動音の大きさに差はありますが、やはり防音・振動吸収マットを下に敷いておく必要はあるかと思います。

こればかりは、部屋の遮音性によってどれくらい対策したらいいのか、ご自身で判断するしかないですが、これでもかっていうくらい対策していた方が安心して全力で漕ぐことができますよね。

ちなみに僕はGIANT CYCLOTRON FLUID ST(静粛性が高い)という固定ローラー台を普段使用しているのですが、ホームセンターで売っているコルクマットを4重にして敷いています。

ローラー台から出る音自体はどうしても抑えることは出来ませんが、振動はかなり抑えることができますよ。

もちろん皆様の中には、本当に静かなローラー台でなければ使えないという方もいらっしゃると思いますが、そのような方はダイレクトドライブ式のローラー台やスマートトレーナー(←最近では斜度まで調節できるものもあります)を使用するのがベストでしょう。

Tax Neoを購入するならWiggleがお得!

▶︎Taco Neo 購入ページへ

Wiggleのここがお得!

  • 日本で最も使われている海外自転車通販サイト!
  • 価格が安い!クーポンを使えばさらにお得!
  • 商品が豊富!
  • 日本語サイトがあり、使いやすさ抜群!

この後に紹介する、Zwiftの対応スマートトレーナー↑を購入できれば、それが一番いいかと思います!

高価ですが、買って損はないかと思います。

僕も超絶欲しいです!

5. Zwift

ローラー台練習の何が辛いかって…

メンタルです。

でもメンタル的ダメージを容赦なく与えてくるローラー台練習にも希望の光が。

それが「Zwift」です。

僕がZwiftを初めて導入した際の感想等が書いてある記事がありますので、もしよろしければそちらを見ていってください!

本当に画期的で最高ですよ!

▶︎ローラー台トレーニングに『Zwift』を導入したら凄かったという話

最後に

以上が僕がローラー台練習をするとき絶対に欠かすことのできないアイテムでした。

本当は、ゲルパット(サドルカバー)も加えようと思ったんですけど、本当に必須かと言われたら、レーパンを履けば済みますし、色々理由があったので今回は外させていただきました。

なぜ、そう思ったのかは↓の記事で述べているのでそちらを参照してください。

▶︎固定ローラー台練習はお尻が痛くなるから解決法を探してみたよ

固定ローラー台練習は辛いですが、みんなと差をつけるためにファイトです!

今回紹介したアイテムの中でまだ利用してないものがあるよ、という方は、ぜひ導入してみてください!