cyclist channel

サイクリストチャンネル

数多くのアルバイト経験を持つ私が教える『おすすめの短期バイトTOP3』

   

calculator-178127_640-2

急な友人との約束、各種料金の支払い忘れなどで突然お金が必要になった、空いている土日に小遣い稼ぎをしたい。そんなときに便利なのが短期アルバイトの存在だ。

1日だけ、あるいは週1などの少ない時間でも働くことができ、日払い、週払いで給与を受けとることができる。しかし、待遇が厳しそう、仕事の無いようがよくわからないといった不安から、なかなか手が出せないという人も多いかも知れない。

そこで、筆者自身の経験も交えながら短期バイトについて解説していこうと思う。

スポンサーリンク

短期アルバイトの始め方

student-849825_640

まず、短期アルバイトの業務は他のアルバイトのように仕事先へ直接申し込んで参加することは殆どない。大抵の場合はまず各派遣会社への登録が必要になる。

その後、会社から紹介された仕事にエントリーし、参加するという流れが一般的だ。会社によっては職種が偏っていたり、ノルマが存在したり、月払いしかできない所もあるので注意しよう。

派遣会社での登録会に参加し、仕事を紹介されるようになったら、いよいよ仕事を選んでいこう。それでは、以下からは、数多くのアルバイトを経験してきた私が各種業務内容のそれぞれの長所、短所を交えながら『おすすめの短期バイト』を紹介していく。

 

サンプリング

道端で人々にチラシや試供品、ティッシュなどを配る仕事、それがサンプリングだ。誰でも一度はポケットティッシュを受け取った経験はあるのではないだろうか。

ただ品物を配るだけというシンプルな仕事なので短期バイトを始めたての人にオススメの仕事の1つだ。

長所

・必要なノウハウや道具は殆どない。
・多くの現場で仕事は1人、あるいは少人数のグループで行うことが多いため、自分のペースで仕事を進めることができる。
・短いところでは勤務時間は3時間、ほとんどの現場で7時間前後という勤務時間なので、比較的勤務時間は短め。

短所

・よほどの場合を除いて業務は通常どおり行われるため、雨の日でも屋外で配り続けなくてはならない。
・立ちっぱなしの仕事の為、体力的な負担がある。
・現場によってはノルマや服装の指定が有ることも

注意点

サンプリングを行う場合、その配付業務が行える場所は事前に許可が下りるよう申請がされた地域であり、細かく指定がされている。

そのため、誤ってその許可区域以外で配付を行うと、土地の管理者から厳しい注意がされることもある。場合によっては、クライアントも元までクレームが寄せられることもあるので、配付を行う場所にはくれぐれも注意しよう。

 

搬入・搬出

イベントやライブの会場に荷物や機材を運び、その設営を行う仕事。体力に自信がある、接客が苦手という人にオススメだ。

長所

・現場での指示に従って仕事を進めるので業務自体は簡単。
・仕事があるのが、イベントの開始前、終了後なので早朝や深夜の時間帯で働くこともできる。1日通しての業務の場合、イベントの間はずっと休憩が続くこともある。

短所

・力仕事なので、体力に自信がない場合は辛い。
・仕事が遅れるとそのまま残業が発生することがある。

注意点

搬入搬出の仕事を選ぶときに気をつけてほしい点がある。それは『軽作業』という言葉だ。一見、軽い物を運ぶ仕事なのかと思いがちだが、この軽作業とは「人の手のみで出来る作業全般」の事をさす。

スポンサーリンク

つまり、複数人で一緒に重い家具や機材を運ぼうが、機械を使っていなければ『軽作業』に分類されるのである。

なので、体力に自信のない人は安易に『軽作業』の文字に釣られないよう気をつけてほしい。仕事の詳細は必ずチェックしよう。

 

ライブスタッフ、イベントスタッフ

搬入搬出がイベントの前後に発生する仕事であるので対し、こちらは直接イベントに参加し、接客や運営を担う仕事だ。仕事を紹介される際には『運営』と紹介されていることが多い。

体力的な負担が少ない分、服装や髪型などの細かい指定があり、マナーや姿勢について厳しく指導されることもある。

長所

・体力的な負担は少なく、接客が好きな人なら仕事自体を楽しめるかもしれない。
・スタッフとしてアーティストのパフォーマンスなどのイベント自体を観ることも出来るかもしれない。(筆者は警備として、アリーナ席よりもステージに近い位置で公演を聴くことができたこともある)もちろん、仕事を疎かにしてはいけないので程ほどに。

短所

・髪型や、姿勢などの規則が厳しい。
・一日通しての仕事で有ることが多く、覚えることも多い。
・とにかく時間どおりに仕事を進める事が優先されるので、現場によっては怒号が飛ぶこともある。(責任者の指示の出し方に問題があるケースも多いが…)

 

交通量調査

一定時間毎に道を通る通行者、自動車の数をそれぞれ種類毎に数え、記録する仕事、交通量調査だ。短期バイトの中では有名な仕事ではあるが、その求人数は実は意外と少ない。狙って応募でもしない限り参加することは少ない業務である。

長所

・車が通る度にカウンターを押して、数を集計し、書類にその数を記録する簡単な仕事であるため、誰でも手を出しやすい。

短所

・屋外での長時間の業務のため、夏や冬は水分補給や、防寒対策が欠かせない。
・通行する物を見過ごしてはいけないため、集中力が必要となる。現場によっては計測する車の種類が細かく指定されていて難易度が高くなることも。

 

プラカード持ち

プラカード、すなわち広告や道案内の役割を果たす立て看板を持って、通行人を案内する仕事。モデルルームや、モデルハウスの案内の仕事が多い。

その場で動く必要がなく、現場によっては椅子を貸し出してくれる現場もある。

長所

・上記のように椅子を貸し出してくれる現場であれば体力的には最も楽な仕事であると言える。
・もし、業務中にお客さんの興味を惹き付け、モデルルームや、クライアントの元へ案内することができれば、特別報酬が支給されることもある。筆者が経験したケースでは、1組毎に3000円のボーナスが出た。

短所

・椅子もなく、長い時間立ち続ける必要がある現場では歩き回れるサンプリング以上に体力を消耗するかもしれない。

注意点

看板は大きくかなりの重さがあるため、取り扱いにはくれぐれも注意しよう。うっかり看板を倒してしまい。誰かに怪我をさせてしまっては取り返しがつかない。

 

工場や倉庫での業務

ピッキングと呼ばれる在庫の仕分け業務や、製品の加工、製作などの工場や倉庫での仕事が短期アルバイトで募集されることがある。

短期バイトの説明としては少し特殊だが、念のため含ませてもらった。

長所

・仕事の経験が長い社員やアルバイトの方も同じ業務を一緒に行うことが多いので、彼らのサポートを受けながら仕事ができる。もちろん足を引っ張るような事はいけない。

短所

・工場や倉庫は駅から離れている場所に有ることが多く、通勤に時間がかかることが多い。車で迎えに来てくれることも多いが、自力で行く必要があるのか、交通費は出るのかなど、細部をしっかり確認しておこう。

 

おすすめの短期バイトT0P3

いかがだっただろうか。ここで解説したのはほんの一部で、その特徴は地域や現場でも異なる。ぜひ、自分に合った仕事を見つけ、空いた時間を有効活用してほしい。最後に筆者の個人的おすすめの短期バイト上位3位を挙げて締めとしよう。

1位 イベントスタッフ

2位 交通量調査

3位 サンプリング

是非、アルバイト選びの際の参考にしていただきたい。

スポンサーリンク

 - ライフハック , , , , , , , , , , , , ,