cyclist channel

サイクリストチャンネル

知らないと損する!部屋探しのコツと見落としてはいけない部屋の構造

   

living-room-977416_640-2

一人暮らしをするにあたり、まず最初に行わなければならないのが部屋探しだ。一人暮らしをする理由は人それぞれだが、特別な場合を除外して、部屋探しは避けることができないイベントの一つだ。

しかし、部屋探しを上手くやりくりするポイントを知らないと損をしてしまうことが多々ある。

新居で新しい生活を始める。そんな一つのスタート地点をより良いものにするためにも、知っておくべきことをこれから述べていくので是非参考にしていただきたい。

スポンサーリンク

部屋探しを始める時期は?

natural-1225186_640

部屋探しは時期によって難易度が異なることはご存知だろうか。良い部屋の物件数は時期によって大きく左右される。また、時期によってかかる費用も大きく異なってくる。部屋探しをするにあたって「タイミング」は最も注目していただきたいポイントだ。

それではまず、部屋探しを始めるおすすめの時期から紹介していこう。

 

良い物件を見つけるには1〜2月

新しい年を迎え、世間は何かと忙しい時期ではあるが、部屋探しをする人の数はこの時期を起点として徐々に増えていく。

推薦入試で試験を終えた大学生や内定をもらった新社会人がこの時期から部屋探しを始めるからだ。

しかし、それと同時に部屋が空き始めるのもこの時期である。良い物件が多数存在するため、選べる部屋の母数がかなり大きいというメリットがある。

一方、部屋探しをする人の数がピークである2、3月が待ち受けているため、優良物件が数多く存在するが、家賃交渉に乗らなくても契約される見込みがある。従って、家賃交渉は非常に難しい。

 

穴場物件が見つかるかもしれない4月後半

引っ越しシーズンである1〜3月が過ぎると部屋探しをしている人の数は急速に落ち着いていく。4月はもう既に部屋が残っていないと思われがちだが、4月ぎりぎりまで引っ越しをしなかった人が部屋を空けるため、意外に良い物件が残っていることがある。

また、不動産屋も混雑しておらず、空き部屋を埋めていきたいと考えているため比較的家賃交渉をしやすいのもこの時期のメリットと言えるだろう。

 

家賃交渉をするなら7〜8月

夏場は引っ越しする人の数が少ないため不動産業界の閑散期だ。この引っ越しオフシーズンには空いている部屋数が少ない代わりに、不動産屋が混み合っていないため、じっくりと新しい部屋について相談、交渉することができる。

また、春に契約されなかった部屋が残っているため、家賃交渉を非常にしやすい。部屋にこだわりがなく、とにかく安くお得な部屋選びをしたいという人はこの時期がおすすめだ。

しかし、気温が高いため引っ越し作業が大変というデメリットもあるので注意していただきたい。

 

部屋選びのコツ

housing-900233_640

部屋選びをする際に住んだことのない部屋の良し悪しを判別しなければならない。実際に住んでから不満を抱いてしまうことも多々ある。部屋を見に行かなければ、良し悪しがわからない部分もあるが、そうかと言って部屋を見に行ったとしてもどこを重点的に見たら良いのかわからないのではないだろうか。

失敗をしないためにも、部屋選びのコツを知っていただきたい。ここからは、部屋選びにおけるいくつかのコツをいくつか紹介していく。

 

フリーレント物件はお得か?

フリーレントとは入居後のある一定期間家賃が無料になる制度のことだ。一般的にフリーレントすることができる期間は一ヶ月ほどである。

一ヶ月間の家賃が無料になることによって、初期費用を節約することができるのは大きなメリットだと言える。

しかし、このフリーレント制度を設けるのには幾つかの理由があるからで、これから部屋探しをする人には是非注意していただきたい。

 

フリーレントは部屋の価値を下げない手段

仮定として、一年間のトータルで支払われる家賃が同じだとしよう。

この時、家賃交渉をされて家賃を下げるか、フリーレント制度を設けるかではどちらが不動産の仲介会社にとって利益が生まれるのか。

スポンサーリンク

答えは後者のフリーレント制度を設けた場合だ。

フリーレント制度を設けることによって家賃の価値を下げずに済む。部屋を借りる時、仲介手数料がかかることが多いが、この仲介手数料は家賃一ヶ月分の数十%のような形式で発生する。従って、仲介手数料が発生した場合、基本的な家賃価格が高いほど仲介会社は得をするということになるのだ。

また、他の居住者から家賃交渉をされたり、空室が生じてしまうリスクを減らすことができるというメリットもある。

 

長期的に見たら損をする可能性も

フリーレントを活用すると初期費用を大幅に削減できるメリットはあるのだが、長いスパンで計算すると、家賃交渉をし、家賃を下げてもらった場合の方が得である。長期的に済むことが決定しているのならば、フリーレントの恩恵をそこまで受けることができないかもしれない。

また、フリーレントがあるが故に家賃が割高に設定されている場合もあるので注意が必要だ。

 

見落としてはいけない部屋の構造

kitchen-1421018_640

一見、どうでも良いように思えるが住んでみると不便に感じる部屋の構造は数多くある。

部屋見学という限られた時間で、部屋の良し悪しを判断するのは非常に難しいと思えるかもしれないが、あるポイントに注目していただければ、ある程度は簡単に判断することができるのだ。

ここからは、良い部屋に見られる特徴について述べていく。

 

照明スイッチ、インターホンモニターなどの位置

まず、良い部屋を選ぶ際に気にしていただきたいのが、壁に備え付けられているスイッチ、モニターなどの位置だ。

建物の設計がしっかり考えられている場合には、これら各位置は綺麗に整列しているはずである。高さ、配置などが均一ならば、他の設備や部屋の構造のクオリティーも高い可能性が大幅に上がる。

逆に、これらが適当な位置に配置されている場合、設計があまい可能性が高いので注意が必要だ。

 

キッチンの構造

毎日自炊する人々にとってキッチンの構造の良し悪しは大きな問題である。もちろん、部屋探しの条件でコンロ数などの多くの人が気にするポイントはサイトより知ることは可能である。シンク付近の写真も掲載されている可能性が高い。

これらの構造は自分の生活スタイルに合ったものを選べばいいだろう。

しかし、誰しもが使いやすいと思うキッチンにはある特徴がある。この特徴を物件見学の際に見ておくかそうでないかによって、今後の自炊中の快適度が大幅に左右される。

その特徴とは調理台の前に立った時の足元部分の窪みがあることである。

一見おしゃれなキッチンを装っていてもこの窪みがないと調理時に大きな不快感を覚える。実際に、窪みのないキッチンに立って調理をしてみると、作業する場に身体を近づけることができないのは大きなデメリットであることがわかるだろう。

 

コンセントの位置

コンセントの位置は自分の部屋を理想の空間にするときに大きな障壁となる。自分が思い描いている家具の配置が実現可能かどうか考えなければならない。

 

ロフトは必要か?

ロフトが必要かどうかはかなり意見が分かれるところだが、基本的には要らないことの方が多い。

ロフトのメリットとしては、天井が高くなることによって部屋に開放感が生まれることや、物置や寝場所として使用することによって生活空間を広げられることが挙げられる。しかし、そのメリットとは裏腹に天井が高いことによって空調機器の効きが悪くなるなどのデメリットも生み出してしまう。

また、寝場所としてロフトを使用する場合、夏場はかなりの暑さになるためお勧めできない。大きな荷物の出し入れも面倒である。

従って、ロフトがある部屋より大きなクローゼットがある部屋の方が生活していて快適性が圧倒的に高いのだ。ロフトに憧れを持つ人は多いだろうが、生活してみたら、不便だということに気づいてしまう。

 

ユニットバスについて

ユニットバスのある部屋は敷地面積が風呂トイレ別の部屋に比べて削減できるため、家賃が安い。

もちろん、ユニットバスは湯船に浸からない人にとってはメリットは大きい。しかし、そのような人にとってもデメリットはあるのだ。

デメリットとしてまず最初に、衛生面に関してのことが浮かんでくる人が多いのではないか。やはり、風呂場は身体を清潔に保つための空間であるため、トイレと同じ空間にしたくないのは当然のことかもしれない。

次に実際に生活してみないとわからないデメリットを紹介しよう。生活してしばらく経つと、カビの清掃が非常に面倒であることに気がつく。

風呂場は湿度が高くカビが発生しやすいのはご存知かと思うが、ユニットバスの場合、この湿度が原因でトイレ自体にもカビが発生してしまう。

風呂場に比べてトイレの裏側などは掃除しにくいため、かなり労力が必要となってしまう。

スポンサーリンク

 - ライフハック , , , , , , , ,