【海外旅行】ヴェネチア観光で絶対に外せないおすすめ観光スポット5選!

水の都として有名なヴェネツィア。

ヴェネツィアはその美しい景観や水の都の独特な雰囲気で人気を博しています。

ゴンドラに乗り、ヴェネツィアの街を違った角度から楽しみ、非日常的な雰囲気を体験するのもいいですよね!

もちろん、パスタやピザなどのイタリア料理も、食べることができ、食を楽しむという点でもおすすめ。

まだ、行ったことのないという方は、ぜひ行ってみることをお勧めします!

今回はそんな海外旅行で一度は行ってみたい場所、ヴェネツィア本島のおすすめ観光スポットについて、実際にバックパックで旅行した僕の経験をふまえ、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ヴェネツィアでの移動方法

まずは、ヴェネチアでの移動方法についてど紹介していきます。

ヴァポレット

f:id:snowboarderblog:20160711002152j:plain

ヴァポレットとは水上バスのことです。パヴォレットは時間制で券を購入します。乗る前に改札機がありPASMOのようにタッチして乗船します。

料金

12時間 18ユーロ

24時間 20ユーロ

36時間 25ユーロ

48時間 30ユーロ

72時間 35ユーロ

7日間  50ユーロ

となっております。 水上バスは複数の路線があり島中に停留所があちらこちらにあります。 効率よく観光地を回るであればパヴォレットの券を24~48時間分購入して水上バスをフル活用することをお勧めします。

しかし、パヴォレットはスリが頻繁に行われています。いくら効率よく観光地を回れてもスリにあってしまえば楽しい旅行気分も台無しです。 パヴォレットを利用する際はスリに充分に注意しましょう。

徒歩

f:id:snowboarderblog:20160711003750j:plain

ヴェネツィアは本島は端から端まで5kmほどしかありません。

そのため本島を1日かけて歩き倒して観光名所を回り尽すことも充分に可能です。筆者は実際にヴェネツィア本島の観光ではパヴォレットの券を購入せずに歩き倒しました。

f:id:snowboarderblog:20160915135749j:plain

実際に徒歩で本島を歩いたことによりヴェネチアの東部など観光客があまりいない場所を見つけ散策することや、細い路地を歩いてパヴォレットでは通過してしまうようなとこも散策でき、ヴェネチアの魅力をたくさん感じることができました。

体力にあまり自信がない方以外は徒歩での観光をお勧めします。

おすすめ観光スポット

1.サン・マルコ広場

f:id:snowboarderblog:20160711005510j:plain

サンマルコ広場はヴェネツィアの中心的な広場であり、周囲を回路のある建物に囲まれており、有名なサンマルコ寺院もここにあります。

ここは世界で最も美しい広場の一つでもあります。

そのため昼間は人が非常に多く、ハイシーズンはゆっくり見学するは少し大変です。

しかし、近くに美味しいレストランやお土産屋さんも数多くありますので、観光にはうっての場所だと思います。

夕暮れには人も少なくなり、夕焼けと広場が作り出す雰囲気は言葉では言い表せないほど。

また夜のライトアップとてもきれいですよ!

アクア・アルタ(高潮)の時期では鏡像の風景など非日常的な景色も見ることができます。

2.リアルト橋とキャナル運河

f:id:snowboarderblog:20160714113436j:plain

ヴェネツィアの写真でよく見る橋はこのリアルト橋です。

また観光ガイドブックなどでよく見る運河の景色はリアルト橋から撮影したものです。

夕方に行くとよく写真などでみる、THE ヴェネツィア の風景を見ることができます。また夜に行くと周辺のレストランのランプの灯りが暗闇を照らし、運河に反射するのでロマンチックで良い眺めです。

夕暮れの時間はシャッターチャンスであるため混雑することがあるためゆっくりと風景を眺めたい場合は昼間に行くことをお勧めします。

リアルト橋はサン・マルコ広場から近くにあり、パヴォレットの乗り場も多くあるためアクセスも良好です。

3.ドゥカーレ宮殿

f:id:snowboarderblog:20160906022507j:plain

サン・マルコ広場の近くにある特徴的な回路があるゴシック建築の建物です。

ドゥカーレ宮殿は大人は16ユーロ、15-25歳の学生は8ユーロで入場券を購入することで見学できます。

宮殿内に入るとすぐに大きな中庭があります。中庭もゴシック建築で造られているため見ごたえあがありますし、ため息が出るほど豪華で絵画や豪華な天井など、見るべきものが満載です。

ドゥカーレ宮殿は高いチケットに見合う見ごたえのある観光スポットです。

4.サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

f:id:snowboarderblog:20160714114145j:plain

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂はとても大きく、白い教会でヴェネチアを代表する教会の一つです。

サン・マルコ広場からパヴォレットを利用したり、橋を渡って対岸に渡ることで行けます。

その他の観光スポットからやや離れているため、人が少なく、観光地ならではの喧騒な雰囲気とは対照的に落ち着いた場所になっています。

階段に座ってお店で買ったピザやパンを食べながら一休みするには最高のスポットです。

5.ゴンドラ

f:id:snowboarderblog:20160714120158j:plain

やはりヴェネツィアといったらゴンドラが有名ですよね。

ゴンドラは歩く時とは異なる視点でヴェネチアの街や水路を見ることができるためまた違った景観を楽しむことができます。

ゴンドリエーレが親切な方だと通る水水路にある建造物の説明をしてくれたり、歌を歌ってくれたりもします。ゴンドラは結構あたり外れがあるんですよね。

有名な観光地の近くのゴンドラ乗り場は極力避けた方がよいでしょう。

お客さんが多いため時間を短縮されることがあるみたいです。また15時くらいまでゴンドラに乗ることを控えた方が良いです。ゴンドラは人気なため大変混雑しているため水路でゴンドラが渋滞することがあるので…。

ゴンドラは夕方に乗ることをお勧めします。

ヴェネツィアでおすすめのレストラン

f:id:snowboarderblog:20161011165117j:plain

僕のおすすめのレストランは「Taverna san lio」です。

パスタではイカ墨スパゲティやボンゴレを10ユーロほどでで食べることができます。

またパスタだけではなく、ピザも5~7ユーロでやや大きめです。両方とも味はとても美味しいです。

ヴェネツィアではパスタは13ユーロ~のとこがほとんどであるためかなりリーズナブルだと思います。

またお店の雰囲気も落ち着いており、接客も非常に好感が持てました。 筆者は2日連続でここでディナーを食べたのですが2日目には店員の方が顔を覚えてくれていました。

食費を抑えるには?

ヴェネチアには「coop」というスーパーが2件あります。

ヴェネチアは世界でも有数の観光地です。そのため物価がやや高いです。そのため、お金を節約したいという方は「coop」で買い物をし自炊することでかなりお金を節約することができます。

「coop」では1ユーロで500gのパンを買うことができ、4.5ユーロほどで生ハムとチーズも買うことができます。またワインが水よりも安く買えます。

まとめ

f:id:snowboarderblog:20160906033011j:plain

ヴェネツィアは迷路のような水路に細い通路、運河を走る船やゴンドラなど非日常的な経験がたくさんできるイタリア随一の観光スポットです。ヴェネチア本島は警察も船を利用するなど一切車がありません。

海に囲まれ、日常的に船のみが利用されているライフスタイルや景観などはとても魅力的です。海外旅行でイタリアに行く機会があれば是非ヴェネツィアに寄ってみてください。

最高の思い出になること間違いありません。