cyclist channel

サイクリストチャンネル

知られざる闇!ロードバイクをネットで購入するのは本当に得なのか?

      2016/08/27

road-bike-761307_640

健康ブームの今、ロードバイクを街中でもよく見かけるようになりました。

しかし、サイクリストの皆さんはロードバイクを一体どのようにして、どこで購入しているのでしょうか。

物を安く買うならネット。ロードバイクを購入する際に通販サイトを使用すると得なのか、それとも損なのか。多くの方は、1度は考えたことがあるかと思いますが、ネットでロードバイクを購入するのは本当に得なのでしょうか。それとも….。

スポンサーリンク

1. ロードバイクをネットで購入するメリット

ロードバイクを購入する選択肢として、店頭販売以外にもネットでの購入が挙げられます。

そんなロードバイクのネットでの購入について、まずはメリットから紹介していきたいと思います。

 

1.1 何と言ってもロードバイクが安く手に入る

今は生活に必要なものもそれ以外のものも、大半は通販で購入することができる時代です。

ネットでマーケットを展開することによって店頭販売では必要となるスタッフが必要でなくなるため、その分人件費がかからなくなります。また、店舗の土地代などといった様々な費用も削減できるため商品を顧客により安く提供することができます。

ロードバイクのネット通販においても同様であるため、ネットでは、店頭販売よりも安い価格でロードバイクが販売されています。

 

1.2 ロードバイクを買いに行く手間が省ける

今や極端な話、家から一歩もでなくても支障なく生活することができます。何でもスマホやパソコン、タブレットを用いて購入することができるため、わざわざ外出する必要性がないくらいです。

ロードバイクもボタンひとつクリックすれば購入できるため、外出する手間や移動するのにかかる費用を削減できます。

 

 

2. ロードバイクをネットで購入するデメリット

これまでロードバイクをネットで購入するメリットについて述べてきました。

これだけ聞くと、「じゃあ、ネットで買えばいいでしょ」と考える方もいるかと思います。
しかし、まだ早とちりしてはいけません。

ロードバイクをネットで購入するメリットとは裏腹にデメリットもたくさんあります。

それでは、ロードバイクネットで購入するデメリットについて紹介していきます。

 

2.1 メーカーが限定される

ロードバイクのメーカーによっては店頭販売以外の販売を行っているところもありますが、主要メーカーほとんどは店頭による直接販売以外を行っていません。

スポンサーリンク

従って、自分が欲しいメーカーのロードバイクがネット通販では手に入らない可能性があります。

2.2 サイズがわからない

初心者がロードバイクを購入する際に最も気を付けなければならないのがフレームのサイズです。

ロードバイクは基本的に速く走ることを前提とされている自転車です。ロードバイクに乗るとシティサイクルなどに比べ速く走れるのは、ロードバイクがそもそも軽かったり、剛性が高かったりするなどの様々な要因があるからです。また、ロードバイクがその他の自転車と決定的に異なる点が1つあります。

それは、人が車体に乗った時のポジションの違いです。

ロードバイクは乗り手の最大限のパフォーマンスを引き出すために、人がペダルに力を加えやすいポジションになるようにつくられています。さらに、空気抵抗を削減するために前傾姿勢をとるようにできています。

しかし、フレームのサイズが自分に合っていないロードバイクを使用すると、ポジショニングが悪くなり、乗り手の力を十分に発揮させることができなくなってしまうのです。

一応、フレームのサイズ表記(SやXLなど)はありますが、これは大まかな指標であり、メーカーによって基準がかなり異なっているため、このサイズによっては判断できないので初心者がネットで購入する時には注意が必要です。

 

2.3 思っていたカラーと違う可能性がある

デザインが自分の好みのものであるかどうかは、ロードバイクを選ぶ際に非常に重要だと思います。

しかし、ネットに掲載いされている写真で判断し、自分好みの色のロードバイクを購入したら思っていた色と全然違ったということはよくあります。高価な買い物ですから、妥協はしたくないところですよね。

 

2.4 配送されてから組み立てるのが面倒

ロードバイク初心者やメンテナンスを自分で行っていない人にとってロードバイクを組み立てるというのはかなり不安要素が強いと思います。

ロードバイクは高速巡航できる分、事故を起こした時のリスクも高いため、経験者が身近にいない限り危ないかもしれません。

 

2.5 アフターサポートがない

ロードバイクの値段が店頭販売よりネット通販の方が安いのはアフターサポートが受けられないことも大きく関わっています。

日々のメンテナンスが大切なロードバイクですから、アフターサポートを受けられるかそうでないかは見過ごすことのできない問題でしょう。

 

 

3. 知識があるならばネットは得かもしれない

やはり、値段に関してはネットの方がどうしても安いのは事実です。デメリットはたくさんありましたが、知識のある方ならメリットの方が多いかもしれません。

しかし、確実性を求めるならば初心者だけではなく、中級者以上でも店頭販売を利用した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , , , , ,