ロードバイク初心者が『ビンディングペダル』を導入する3つのメリット

cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク初心者が『ビンディングペダル』を導入する3つのメリット

      2016/12/24

20151011_221013

ロードバイク初心者が怖いと思うことの1つに「ビンディングペダル」があります。ビンディングペダルとは専用の靴の裏に金具を取りつけ、それをペダルに固定することで足とペダルを一体化させる装備のことです。

まさしく初心者が怖いと思うのは「足とペダル固定させる」点で、両足をペダルに固定させると走っている間は良いのですが、止まると確実に左右のどちらかに倒れます。その為、「慣れるまで数回は転倒する」などと聞くと、使用をためらう人が居ても当然だと思います。

しかし、それでもロードバイクに乗っている人の多くがビンディングペダルを使用されているのは、ビンディングペダルがフラットペダルより機能面で勝っているからです。今回は、ビンディングペダルを使用することによるメリットとデメリットとおすすめのビンディングペダルを紹介していきます。

スポンサーリンク

ビンディングペダルを使用するメリット

まずは、ビンディングペダルを使用するメリットから紹介していきます。

⒈ ペダリングの効率が上がる

ビンディングで固定されることでペダル軸の直上に母趾球を固定することができるので、常に一定のフォームでペダリングすることを可能にします。このおかげでペダリング効率が大幅に上がり、長時間乗った際の疲労も軽減します。

 

⒉ 足が滑らない

雨の日や不意の段差などで滑ってペダルから足が離れてしまうと、バランスを崩して落車する恐れがあります。しかし、固定されていると不意に足が離れることは無く深刻な事故を未然に防いでくれます。

 

⒊ 巡航速度が上がる

先ほど説明したように、ビンディングペダルはペダリング効率を上げ、長時間走行するときに溜まる疲労度を大きく軽減しますが、純粋に漕いだ力が推進力に変換されやすくなるので巡航速度を上げることもできます。

平均的にフラットペダルからビンディングペダルに変更すると1~2km/hほどは巡航速度がアップします。

 

ビンディングペダルを使用するデメリット

本格的にロードバイクを楽しむにあったって必須とも言えるビンディングペダル。しかし、そんなビンディングペダルにも使用する際のデメリットがあります。

⒈ そのまま止まると立ちごけする

慣れると頻度は下がりますが注意深く乗っていても、疲れが溜まっていたりするとベテランの人でも何かの拍子にこける時があります。しかし、ほとんどの場面が止まる瞬間のような低速なので、よほどのことがない限り大きな怪我をすることはありません。

しかし、大切なロードバイクに傷が入ってしまうのはかなりショックが大きいです。ちなみに、周りの人からの注目を浴びるので多少なりとも、心にも傷ができます。

⒉ 歩き難い

ロードバイク向けの高性能なビンディングペダルは靴底にクリートと呼ばれる大きな出っ張りがあるので歩き難く、コンクリートやタイルの上では滑りやすくカチャカチャと独特の足音がします。

また、ビンディングシューズは地面を歩く性能は皆無に等しいため、雨の日や滑りやすい床ではかなりの確率でヒヤッとするような場面(滑って転びそうになる)に遭遇してしまいます。

 

MTB用のペダルでデメリットを解決

私は初心者の方が最初に導入するビンディングペダルにはマウンテンバイク(MTB)用のペダルをお勧めします。

スポンサーリンク

名称こそMTB用となっていますがロードバイクでも使用出来ますし、何よりロードバイク用のビンディングシューズのように靴底に出っ張っているクリートが無く、MTB用では靴底に埋め込まれた形となっているので歩きやすいです。

 

とりあえずSHIMANOを選んでおけば間違い無し

MTBペダルの中でも最初に購入するならSHIMANOのSPDシリーズが交換部品も容易に手に入り易く、コストパフォーマンスにも優れているので良いと思います。

取り扱い店舗が多いことや使用者も多いなどの日本のメーカーならではのメリットがたくさんあるため、初めてビンディングペダルを導入する際には、安心・安定のSHIMANOをおすすめします。

また、せっかくロードバイクに乗っているのだから性能を追求したいという方はロード用のペダル(SPD-SLなど)がおすすめ。ロード用のペダルはMTB用と比較するとペダルと靴底の接触面積が大きいので、力いっぱいペダルを踏んでもずれることなく安定して回すことが出来ます。

ロード用のビンディングペダルは様々なメーカーから商品が販売されており、試着可能ならば試してみた使用感などで選んだり、単純にデザインや好きな選手が使用しているメーカーということで選ぶのも楽しいと良いと思います。

 

 

ちなみに私はロードバイク用のビンディングペダルで『SPEEDPLAY』を使用しています。このメーカーのビンディングペダルは他の人との差異をデザインでつけたい方に特におすすめです。また、機能面において初心者に優しいところが多くあるので、ビンディングペダルを初めて導入する方にもおすすめしています。『SPEEDPLAY』のビンディングペダルについて詳しく書いた記事が以下のものになりますので、興味のある方はどうぞ。

初めてのビンディングペダルは『スピードプレイ』がいい3つの理由
ビンディングペダルとは簡単に言うとロードバイクに乗っている人の靴に直接くっつくペダルのことです。(かなり大雑把ですが) おそら...

 

最後に

今まで幾つかのメリット・デメリットについて紹介してきましたがビンディングペダルは実際に試してみないと分からない点が多いと思います。

しかし、ビンディングペダルはロードバイクをより面白くさせるためのアイテムのうちの1つであることは間違い無いので、ビンディングペダルの導入を迷っている方は思いきって購入してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , , , ,