cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク乗りが『サングラス』を着用するべき3つの理由

      2016/06/19

oakley-856122_640-2

ロードバイクに乗り始めるとサイクルウェアと共にサングラスを装着している方が多いことに気付かれると思います。

ヘルメットにサングラスを装着した姿はカッコいいですが、サングラスにはカッコいいだけではなく実用的なメリットも多数存在するのです。

今回はロードバイク乗りがサングラスを装着する理由(メリット)を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

⒈ 眼を保護することが出来る

ロードバイクを含む2輪車に乗る際には頭部を保護するヘルメットや、手を保護するグローブ等を装着するのと同じように目を守る必要があるのです。路上には様々なゴミが落ちていたり虫やホコリが飛んでいますが、それらが目に入ると非常に危険です。

視界が奪われたことで落車や衝突の危険性が高まることから目を保護する必要があるのです。

 

⒉ 紫外線対策

長時間にわたって紫外線対策を行わずに太陽の下で走行していると、肌が日焼けするように実は目も日焼けしているのです。目は紫外線に長時間さらされてると白内障や角膜炎という病気を引き起こすリスクがあるので、ロードバイクに問わずスポーツやアウトドアを楽しむ際にはサングラスの着用した方が良いのです。

 

⒊ 視界が良くなる

サングラスのレンズによっては偏光機能が付いていて、邪魔な反射光線をカットすることで自然光のみを通してクリアな視界を確保してくれます。また、視界に太陽があると気になりますがサングラスが有ればギラツキを抑えてくれるので、太陽光が気にならず運転に集中することが出来るのです。

このようにサングラスはロードバイクを運転する際には必須と呼べるほど重要な役割を果たしてくれるアイテムなのですが、サングラスなら年でも良いという訳では無くスポーツ用のサングラスをお勧めします。

スポーツ用のサングラスは顔の形状にフィットした形をしているので隙間から風が入ってくることを防ぎ、非常に軽量なことから長時間の着用でも違和感を軽減してくれています。

スポンサーリンク

サングラスもヘルメットと同じく安全に寄与する重要なアイテムとして、注目して欲しいと思います。

 

⒋ メガネを着用している人はどうすればいいのか

これまでサングラスの良いところを述べてきたのでサングラスの重要性についてよくご理解していただけたと思いますが、サングラスを着用するのが困難である人もいますよね。

そう、普段からメガネをかけている人です。

種類によっては度付きレンズを入れることも可能ですが度無しのモデルと比べると高価になります。その為、ロードバイクに乗る際はコンタクトレンズにすることで好きなサングラスを着用する方も居ます。しかし、コンタクトレンズをしたくないという人も多いでしょう。

では、そのような人はサングラスをすることができないのでしょうか。もちろん、メガネで目をプロテクトすることはできますが、紫外線や光などから目を守る効果においてはサングラスに軍配が上がります。コンタクトレンズをしたくないメガネをかけている人たちはどのようにして目を保護すれば良いのでしょう。

⒋1 メガネユーザーの見方『オーバーグラス』

通常のサングラスと比べると大きくなりますがメガネの上から着用するオーバーグラスという物も販売されていて、視力が合わなくなった際にも交換の必要が無い手軽さで人気が有ります。

また、オーバーグラスはサングラスより目の周りをしっかり覆ってくれる(かけているメガネがすっぽり入る構造をしている)ため、花粉が飛んでる時期に花粉対策用品としても使用することができます。

度付きサングラスは高価であるのと同時にサングラスを外す際にはメガネと交換しなければならないのに対し、オーバーグラスを使用した場合にはその面倒な作業をしなくて済むのです。

オーバーグラスをあえて使用するユーザーが多いのも理解できますね。

 

⒌ 最後に

ロードバイクに乗る上で第一に考えなければならないのが安全です。そしてその安全対策を行うためにサングラスは必要であるのです。

目を異物や紫外線から守ることもでき、尚且つサイクリングの快適性を向上させることができるサングラスはロードバイク乗りにとって必須アイテムと言っても過言ではありません。

また、サングラスをまだ持っていなくてサングラスの購入を考えている方はサングラス購入の際に試着することを強くお勧めします。サイクリングをより快適にするためにも自分に合った最適のサングラスを探しましょう。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , , , ,