cyclist channel

サイクリストチャンネル

街中で良く見かけるGIANTとBianchiのロードバイクについてどう思う?

      2016/06/19

cycling-655565_640

ロードバイクは年齢や性別にとらわれず、幅広い人々に愛されている趣味の一つです。最近では特にロードバイクに興味を持って購入してみたという人が急増していて、数多くの人がこの趣味に足を踏み入れました。おしゃれ目的や通勤・通学目的でロードバイクを使用する人も数多く存在します。

そんなロードバイク、様々な目的を持った人々が所有することによって、近年各ブランドに対するイメージや偏見が従来とで変化しています。そんな中、街中で特に多く見かけるロードバイクのブランドに「GIANT」と「Bianchi」があります。

ということで今回は、これらのブランドに対するイメージや偏見について簡潔に述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

⒈ GIANTのロードバイク

まずは、ロードバイクブランドの中でも最もユーザーが多いGIANTのロードバイクのイメージについて述べていきます。

 

⒈1 GIANTは世界最大の自転車メーカー

GIANTは世界最大の自転車メーカーです。今では、ヨーロッパの有名なメーカーのOEM生産をしていたり、開発を依頼されたりしています。実際にアメリカでもイタリアのメーカーでも「台湾製」のモデルはたくさんあります。それほどに素晴らしいメーカーなのです。

同じスペックのロードバイクを各社で比較すると、GIANTであれば、確実に安い値段で買うことが出来ます。これは、低価格で高性能ロードバイクを手に入れたい人にとって、とても重要なことだと思います。

また、取り扱いのショップも多いので、修理や調整で遠くのお店まで持っていかなければならないという事にはなりません。車で運ぶことが出来るのであれば、それもできますが、運ぶ術がない場合には、助かります。販売台数が多いので、パーツ代金も他メーカーに比べて割安で純正部品が手に入りるというメリットもあります。

 

⒈2 GIANTのロードバイクの難しい立ち位置

GIANTはポピュラーであることの裏返しで、「どこでも売られているブランド」とも言えます。これは、「趣味的では無い」とも解釈されかねない状況だと思います。そういうこともあり、ロードバイクを趣味としている人々には、GIANTというメーカーの立ち位置は難しいところがああるのです。

「趣味ではないけれど安くて具合の良いロードバイク」に乗っているおじさんや高校生は、大体がGIANTであるという状況をどう見るかという事です。

周りにどう見られたいかという点は趣味の中では、重きを置くポイントです。正直な話ですが。そう思う場合には、ポピュラーすぎるロードバイクは、良いと分かっていても敬遠してしまいますね。「趣味」の世界ですから。その点でGIANTは難しいと思います。

 

 

⒉ Bianchiのロードバイク

続きましては、Bianchiのロードバイクです。おしゃれを意識するユーザーに特に好まれていて、女性にも人気があります。

今回は、Bianchiのロードバイクに乗っている20代の女性にどのようなブランドイメージがあるのかを聞いてみました。

スポンサーリンク

 

⒉1 誰もが知っている「Bianchi」ブランド

ロードバイクに興味を持った人であれば、男女を問わずに、ビアンキのチェレステカラーに憧れるのではないでしょうか?

私もその一人です。チェレステとは「イタリアの青空」をイメージした色なんですって。それを聞いただけで、もう「ワッ、おしゃれ!」って思ってしまいますよね。

はっきり言って、私の場合には、ロードバイクに乗りたいというよりも、ビアンキのチェレステカラーに乗りたいという感じで、ロードバイクを始めました。それほどに、このバイクは素敵だと思います。

停めておいても絵になるロードバイクっていう感じがします。もう1年以上経ちますけど、今でもビアンキを見つめているとときめきを感じます。

 

やはり、ロードバイクに可愛さなどを求めるユーザーにとってはかなり人気があるブランドであることがわかります。チェレステという独特なカラーリングは、他のロードバイクメーカーにはない魅力がありますよね。

 

⒉2 Bianchi同士ですれ違う時の気恥ずかしさ

最初の頃は、「あっ、彼女もビアンキだわ」という感じで、ビアンキのロードバイクに乗っている女性と会うと、親近感のようなものを感じていたんです。

「でも、多すぎる…。」

本当にビアンキのチェレステカラーは多いんです。きっと私みたい感じで、どのバイクにするか悩むまでも無くビアンキに決めた女性は多いと思うんです。だから気恥ずかしい感じがします。根が浅いとも思われてしまうかもしれません。だから、ちょっと恥ずかしいんです。

ロードバイクはとても具合も良いですし、申し分なく素敵なのですが「多すぎ」なことが強いて言えば欠点と言えるのかも知れません。
悪く言えば、「ファッションアイテム」みたいな感じ。今になって、思っています。

 

おしゃれ感覚でロードバイクに乗ることは決して悪いことではないと私は思います。ロードバイクに乗る目的は人それぞれで自由ですから。しかし、周りから見たら、ロードバイクに対してまだまだ浅い人間に思われてしまうこともなきにしもあらずです。

実際、Bianchiのロードバイクをそのような感じで軽視する人の方がロードバイクに対してまだまだ浅いような気がしますけど…。

Bianchiのロードバイクで低価格のラインナップが増えているのがこのようなイメージを持たれる原因なのかもしれません。

 

⒊ 最後に

ロードバイクに乗っている人は周りからの目線が気になるのは確かです。しかし、本当にロードバイクが好きな人は、それぞれのブランドに対して敬意のようなものを持っているので、あからさまな否定はしないと思います。

各ブランドが総力を挙げて制作したロードバイクなのですから、わざわざ悪いものなんてつくりませんし、今回紹介したロードバイクブランドは大きな大会でも活躍している超有名ブランドです。

ですから、自分の乗っているロードバイクに自信を持ってください。私は、自分のロードバイクを大切にする、思う人が最もかっこいいロードバイクユーザーだと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , ,