cyclist channel

サイクリストチャンネル

「ルイガノ」のロードバイクはトータルコーディネートを

      2016/06/19

running-1081694_640

近年、街中でロードバイクを見かける機会が多くなりました。ロードバイク専門店も増え、一般の方たちにとってロードバイクが身近なものになっていった結果であると言えるでしょう。

エントリーモデルのロードバイクは街乗り用として非常に優秀で、低コストながらもロードバイクの性能を味わうのことができます。

しかし、街乗りや通勤・通学にロードバイクを使用するのならば、見た目を重視するという方が多いかと思います。ということで今回は、おしゃれなロードバイクメーカーとして有名なルイガノから販売されているエントリーロードについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

⒈ ルイガノについて

スクリーンショット 2016-03-02 1.54.29

(出典:ルイガノ)

ルイガノはカナダのブランドです。自転車量販店では余り見かけないメーカーですが、好きな人から見れば「一般的」なブランドと言う事になるでしょう。元々自転車競技選手だったルイ・ガノーが手がけたバイクとなります。

トラック競技用バイクが得意なメーカーですが、ロードバイクにもそのノウハウが活かされて好評を得ています。

ルイガノは自転車本体のみならず、競技者が創業者という所以もあり、ウェアやヘルメットに至るまで自転車を始めたいという人にもイージーエントリーしやすいトータルブランドである事もメリットの一つ。

国産の同価格帯の製品と比べると、ファッション性も高く、バイクのフレームも個性的で、アーティスティックです。無論、実用性においても優れており、ロードバイクなら不必要な装備は一切付けず、例えば泥除けのフェンダーも然りです。

 

⒈1 LGS-CENのメリット

私がお薦めするのは「ルイガノ LGS-CEN」です。このモデルは、エントリーモデルであるにも関わらず、軽量でとても乗り易いです。フロントフォークから伝わる路面の感触がダイレクトで、それでいてゴツゴツ感を余り感じる事無く快適に操縦する事が出来ます。これは、フォークにカーボンが採用されていることとトップチューブが湾曲した形状をとっていることが影響しています。

スポンサーリンク

またスローピングフレームを採用していることから、サイズ調整に優れていて足つきも問題なくこなせるでしょう。頑丈で長く付き合えるロードバイクです。

また、コンポーネントにはSHIMANOのSORAを使用しているためレースに出ることも可能です。しかし、フレームが性質上しなやかなため、ロングライドの方が向いているかもしれません。

 

⒈2 LGS-CENのデメリット

初心者が初めて乗るには少し価格帯が高い感じがします。

初期のコストを抑えたい方には敷居が高そうなブランドです。

MTB等のオフロードバイクから乗り換える人にとっては、軽量で爽快に走りぬける感じのロードバイクですが、例えば、路面のグリップ感や剛性を軟弱に感じるかも知れません。無論、使用用途が違いますし、路面環境も違う訳ですから、特に初心者の方は乗りこなすのに少し時間がかかるようです。

操縦性では、コーナーリングやブレーキング時の体重移動や市街地走行でのストップ・アンド・ゴーに関してはオフロードバイクよりは軽快ですが、MTB等と比べた場合ブレーキの利き具合は、性能的には良いのですがフィールが違うだけに違和感を覚えるかもしれません。

運転姿勢も然りで、ドロップハンドルとなりますので、MTBよりは前傾姿勢になりスピード重視になりますので、コーナリング時の姿勢保持には慣れが必要でしょう。デメリットと言えるかどうかは何とも言えませんが、体格に合ったロードバイクを試乗を交えてしっかりと選択しないといけません。

また、LGS-CENのフレーム剛性は低く柔らかいため、ゴリゴリと力で漕いでいくような人には向いていないモデルです。コンポーネントもSORAであるため、本格的にロードレースに参加しようと思った時に物足りなさを感じるかもしれません。

 

⒉ 最後に

bike-467598_640

ルイガノは女性にもかなり人気のあるブランドで、フレーム比較的細く、おしゃれな印象を与えます。

さらに、おしゃれなだけでなく性能もしっかりと兼ね備えている優秀なロードバイクです。

ルイガノは本格?ロードバイク勢から軽視される傾向にありますが、しっかりとしたメーカーなので全く気にすることはないです。むしろ、どのメーカーにも短所、長所はあることなので、個人的偏見の要素がかなり大きいと思います。

私は街乗りにロードバイクをしようとしている方には是非、ルイガノのロードバイクをお勧めします。

ワンランク上のおしゃれなサイクリングができることでしょう。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , ,