cyclist channel

サイクリストチャンネル

『大人気ホイールの性能は如何に』R500からZONDAに変更

      2016/06/19

cycling-655565_640

ロードバイクに乗っていいて、パーツ交換したという感覚が得られやすいものの中の代表格がホイールです。ホイールを交換することによって速度アップを狙うこともできますし、走り出しや登り、平地において受ける印象も変化します。

前回、初心者にオススメのホイールとしてフルクラムのRacing3について紹介しましたが、今回はカンパニョーロのZONDAについて紹介していきたいと思います。

大人気ホイールの性能は如何に。

スポンサーリンク

 

⒈ カンパニョーロ ZONDA  シマノ用 クリンチャー 前後セット

 

スクリーンショット 2016-02-01 11.05.56

価格:51800円

対応タイヤ:クリンチャー(WO) 23-25 x 622 (700c)
対応フリーボディ:シマノ 10/11s
リム材質:アルミ
重量(カタログ値) F:670g R:880g 
リム高/幅 F:24/20.5mm R:30/20.5mm スポーク F:16本 R:21本G3(TM)

Wiggleでは36572円で販売されております。ZONDAを買うならばWiggleを使うとかなりお得(15000円ほど)なのでそちらでの購入をオススメします。

 

⒈1 ZONDAといえば『G3』

スクリーンショット 2016-02-01 11.16.39

 

Campagnolo は、従来のホイールに比べてエネルギー伝達を高め、右側のスポークへの圧迫を軽減して横剛性を向上させる組み立て構造を開発しました。 これは G3 ジオメトリの採用によるもので、リアホイールの右側には右側の 2倍の数のスポークが取り付けられています。

「引用:ZONDA クリンチャーホイールセット/Wiggle

スポンサーリンク

G3システムを採用することによってホイール全体の横剛性やリアホイールへの圧迫を軽減することができました。また、ねじり剛性の向上によりホイール全体の反応性が高まりました。

しかし何と言っても、見た目がかっこいいですよね。好みもあると思いますが。

 

⒉『大人気ホイールの性能は如何に』R500からZONDAに変更

見た目、性能の世間からの評価は非常に高い『ZONDA』です。しかし、実際に使用してみるとどうななのでしょうか。

今回は、実際にR500からZONDA(クリンチャー)に変更した方の感想を紹介していきたいと思います。

R500は鉄下駄と呼ばれています。しかしながら、耐久性、コストパフォーマンスに優れたいいホイールです。まさに、練習用としてはもってこいのホイールなのです。

そんな、コスパ最高レベルのR500から40000円ほどで購入することができるホイールに交換する必要があるのでしょうか。そもそも、R500だって10000円程の価格はします。

 

⒉1 ZONDAを使用してみた感想

ロードバイクに購入した際に付属していたシマノ R500からカンパニョーロ ゾンダへと初めて交換しましたが、ホイールの重量が数百グラムですが軽くなったこともあって走り出しが軽いことが分かります。その為、自然とケイデンスも上がるので普段巡行しているスピードに到達するまでの時間も短くなり、その速度の維持も楽になりました。

 

⒉2 ZONDAのメリット

カンパニョーロ ゾンダのメリットは価格と性能のバランスに秀でている点だと思います。同価格帯でライバル社のホイールと比較しても衝撃吸収性に優れているように感じます。それにより地面からの衝撃をホイールがいなしてくれることで長時間のライドでも疲れにくいと思います。この乗り味の良さはゾンダの大きな魅力ですね。

 

⒉3 ZONDAのデメリット

カンパニョーロ ゾンダの性能的に際立ったデメリットは無いのですが、この価格帯のホイールの中では最も売れているモデルなこともあり、サイクルロードを走っていると同じモデルの人を多く見るので特別感は薄いです。また、シマノのホイールでは無音でしたがゾンダは甲高いラチェット音がするので、気になる人は気になると思います。

 

⒉4 総評

カンパニョーロ ゾンダは初心者が最初に交換を考えるホイールとして最適な存在だと思います。性能のバランスに優れていることからロングライドからレースまでオールラウンドに対応出来ます。ゾンダを使いホイールの基礎を学ぶことで、自分の特性に合う次のホイールを考えるベンチマークとしてゾンダは最高のホイールだと思います。

 

⒊ 最後に

やはり、ZONDAの性能はかなりのものですね。初心者の方はZONDAを買えば後悔はしないのではないのでしょうか。

ZONDAはロングライド時の走行性能に定評がありますが、R500からの交換だとその差を大きく感じることができるようです。

ラチェット音に関しては、派手なものが好きな人と嫌いな人で好みが分かれますが、そこもこのホイールの個性と言えるでしょう。

ホイール購入の際の参考にしていただけたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 商品紹介 , , , , , , , ,