cyclist channel

サイクリストチャンネル

【2016年モデル】初心者におすすめのロードバイク (20~25万円)

      2016/10/13

cycling-655565_640

初心者がロードバイクの購入を考えるときに、設定する予算として20~25万円が限界でしょう。もちろん、それ以上の予算の設定する人はいると思いますが、その人は周りにロードバイクに詳しい知人がいたり、競技として本気でロードバイクを始めていく自信がある場合に限られると思います。

ロードバイクに関して全く知識のない初心者は、この価格帯にはなかなか手は出さないような気がします。また、30万円を超えてくると各メーカー、ミドルシップからフラグシップのロードバイクとなります。つまり、メーカーによってそれぞれの個性が出てくるため、どれがいいとか決めつけることができないのです。

このことから、初心者におすすめのロードバイクの紹介はこの価格帯で完結でいいでしょう。もし、2016年モデルでこれ以上の価格帯の紹介もして欲しいと思って下さる方がいらっしゃったら、また紹介を続けていきたいと思います。それでは、【2016年モデル】初心者におすすめのロードバイク (20~25万円)について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

⒈ 20~25万円のロードバイク

この価格帯のロードバイクではカーボンロードの比率が高くなってきます。また、アルミモデルでは最高峰のフレームを用いております。

20~25万円のロードバイク完成車を購入すれば、レース出場に十分なスペックを得ることができますし、パーツの交換次第で凄まじい性能を発揮することも可能です。

初心者では、この価格帯のロードバイクのポテンシャルを最大限まで発揮できないほどです。

乗り心地、レスポンスにおいて非常に満足できるロードバイクが多く存在します。

 

⒈1 Cannondale CAAD12

C16_C13346M_REP_360-1

(出典:Cannondale)

価格:210000円(税抜)

オススメ度:★★★★★

かの有名なCAAD10の後継車で、この価格帯でロードバイクのフレームにあえてアルミを使用することによって最高峰の性能を実現しました。

この性能はカーボンに引けを取らない折紙付のものです。もはや同価格帯のカーボンよりよく進むフレームです。剛性が高く軽量というハイパフォーマンスを見せつけてくれます。

この価格帯のロードバイクでレースに出ようと考える人が目を離せない存在であることは間違えないです。21万円でこの性能は脅威そのもの。

また、フレームは昔ながらのホリゾンタルで多くのファンがいるロードバイクです。アルミロードバイクで最も有名と言ってもいいくらいです。

コンポーネントは105を搭載しております。

 

⒈2 TREK Emomda S 5

スクリーンショット 2016-01-28 17.45.03

(出典:TREK)

価格:240000円(税抜)

オススメ度:★★★★★

Emondaは史上最軽量ロードラインナップで、全てのパーツやデザインをコンセプトのもとに造られています。TREKはカーボンの技術が高いため、バランスのとれた走行性能を実現することができました。

コンポーネントに105を搭載しているため軽量化に限界はありますが、さらに上位グレードのコンポーネントに交換すれば、ロードバイクに驚くべき軽さを実現することが可能になります。105のままでもフレームが軽いため登りはかなり楽に感じます。

レースはもちろん、ロングライドでもフレームの振動吸収性能により負担の少ない走行ができます。

生涯保障で安心のロードバイクです。

 

 

⒈3 COLNAGO STRADA SL 105

スクリーンショット 2016-01-28 18.07.06

スポンサーリンク

(出典:COLNAGO)

価格:210000円(税抜)

オススメ度:★★★⭐︎⭐︎

歴史あるブランドCOLNAGOから販売されているロードバイクで、高純度のアルミを使用したフレームを採用しています。所有欲を満たしてくれる一品でもあります。また、キレ良さと高いレスポンス性能を持ってる高速域で安定するロードバイクです。

まさに、低価格ながらブランドの名に恥じないおすすめのロードバイク。COLNAGOは堅実で素晴らしいメーカーであるので、この価格帯のロードバイクにも様々な技術を注いでいることは確実でしょう。

しかし、星が3つなのはCOLNAGOのロードバイクの良さが十分に味わえる価格帯はずっと上であるためです。コストパフォーマンスのことを考えると他のメーカーを選ぶといいかもしれません。

 

⒈4 ANCHOR RS6 EQUIPE

スクリーンショット 2016-01-28 19.21.54

(出典:ANCHOR)

価格:200000円(税抜)

オススメ度:★★★★⭐︎

日本でお馴染みブリジストンのアンカーが考える得る最高最高の理論をアルミ素材で実現したモデルです。耐久性と性能を残したまま最大限に重量を落としたロードバイクで高次元の走りと高いパフォーマンスを生み出します。

アンカーでは30色の単色フレームカラー、3色のロゴ、3種の表面仕上げから、自分好みのものを選び、自分だけのお気に入りのロードバイクをつくることができます。

自分の思い描く理想のロードバイクをデザインしたいならこのメーカー一択でしょう。また、ロードバイクが日本人の体型に合わせた構造になっているので、体に負担がかかりにくいというメリットがあります。まさに、日本のメーカーならではの利点ですね。

コンポーネントは105を採用。

 

⒈5 PINARELLO NEOR ALLOY 6061T6

スクリーンショット 2016-01-28 19.38.43

(出典:PINARELLO)

価格:220000円(税抜)

オススメ度:★★★⭐︎⭐︎

NEORは名車PRINCEから続くピナレロ・ロードバイクのベーシックモデルです。低価格でピナレロの乗り心地を感じたいのならこのロードバイクはオススメです。

また、フレームはアシンメトリックデザインを採用しているため、ロードバイク全体で真の均等性を保っています。シートステイとフォークには24HMUD製のカーボンが使用されています。そのため、衝撃吸収性に優れており長時間のサイクリングでも振動による体へのダメージを抑えてくれるでしょう。

しかし、このロードバイクの弱点はコンポがTiagraであることです。やはり、105に比べると性能が劣ってしまいます(剛性、重量など)。わかりやすい違いは、105が22速であるのに対してTiagraは20速であることです。

 

⒉ 番外編 私のロードバイク FOCUS CAYO TEAM AG2R ULTEGRA

20150429_3277

価格:300000円(税抜)

オススメ度:★★★★★★(愛車なので高評価)

私の愛車CAYO TEAM AG2Rです。このロードバイクは非常にバランスが良くこれといった欠点が見当たりません。振動吸収性も優れているし、だからと言って高速域で不安定になることもそこまでありません。色もなかなか好みなのでとても気に入っています。

ただ、一つ弱点を挙げるとしたら、塗装が弱いことですかね。どこかにぶつけて塗装が少し剥がれてしまった時は絶望級にショックでした。

ちなみにこのロードバイクは私と共に日本の本州を縦断した旅のお供です。もちろん、今現在でも現役です。もし、現在でもお店で売っているところがあれば25万円くらいで購入できるかもしれません。

スポンサーリンク

 - 商品紹介 , , , , , , , , , ,