cyclist channel

サイクリストチャンネル

【2016年モデル】初心者におすすめのロードバイク (15~20万円)

      2016/10/13

cycling-800834_640

今回は初心者におすすめのロードバイクで15万円から20万円のものを紹介していきたいと思います。これくらいの金額をかけようとしているあなたはおそらく、ロードバイクを本気で趣味として始めようとしているのだと思います。

ロングライドをしたい人やレースに出場してみたい人など様々な強い理由を持った人たちがこの価格帯以上のロードバイクを購入しようとする傾向にあります。

20万円弱のロードバイクではレースとロングライドの2つに対応することができるような特徴を持った優秀なロードバイクが数多く販売されています。

スポンサーリンク

 

⒈ 15~20万円のロードバイク

この価格帯では様々なメーカーからレース対応モデルが販売されているため、選べるロードだバイクの種類の範囲がかなり広かったり、コンポーネントのグレードも十分なものが多いという利点があります。

また、コンポーネントのグレードを下げればある程度のスペックを持ったフレームを持つロードバイクを購入することも可能です。20万円弱になるとフレームがカーボン製のロードバイクが登場し始めます。

しかし、一点集中の衝撃に非常に弱いため落車をした時や、ロードバイクのフレームに物が当たり強い衝撃を受けた時に破損してしまうリスクがあります。従って、ある程度神経質に扱わなければならないので、初心者にはあまりおすすめできません。

また、この価格帯のカーボンはかなりコストを抑えられて生産されているため品質的に良くないものが多く、同じ価格帯のアルミの方が性能が良い可能性が高いです。

従って、この価格帯ではアルミフレームのロードバイクを購入すると良いでしょう。

 

⒈1 FOCUS CAYO AL 105 MIX

スクリーンショット 2016-01-27 21.31.23

(出典:FOCUS)

価格:179000(税抜)

オススメ度:★★★★★

FOCUSは情熱、成果、完璧という言葉を理念にロードバイク業界に取り組んでいるドイツのブランドで、堅実で安心できるロードバイクを製造しています。

2016年からCAYOのアルミモデルが発売されたことによって、20万円以下の値段でCAYOが手に入るようになりました。CAYOは本来、 FOCUSのミドルシップという位置付けであり、性能は保証されてる優秀なロードバイクです。そのCAYOの名を用いているこのアルミロードバイクもそれに恥じないような完成度を誇っています。

CAYO シリーズロードバイクの中で優等生的存在で全ての項目において5段階中4の成績を修めるような特徴を持っているロードバイクです。

中には、突出しているところがないため面白くないと思う人もいるかと思いますが、扱いやすく、非常に良いロードバイクであると私は思います。初心者の場合、自分がどのような脚質であるとか、体質、得意分野がまだ理解できていないと思うので、最初の一台はこのようなバランスのとれたロードバイクに乗るのがいいと思います。

ちなみに私もCAYOを愛用しています。私のCAYOはカーボンモデルなので少し予算オーバーなのですが、2016年からアルミモデルが出たので安い価格でCAYOが登場したということで、この価格帯のロードバイク紹介でおすすめできました。

CAYOは非常に扱いやすいロードバイクなので私も気に入っております。

初心者には特におすすめの一台です。

 

⒈2 GIANT TCR SLR2

スクリーンショット 2016-01-27 21.54.28

スポンサーリンク

(出典:GIANT)

価格:180000(税抜)

オススメ度:★★★★★

TCR SLR2はGIANTの最新アルミ成形技術を駆使した、エアロデザインの超軽量アルミロードバイクです。まさにカーボンキラーで、同価格帯のカーボンでは太刀打ちできない完成度を誇っています。

あえてこの値段でアルミを使用することによってかなりハイグレードなフレームを製造することができたのです。

デザインは派手でないのに鋭いようなかっこよさがあります。

コンポーネントは105を搭載。

この価格帯のロードバイクでレースに出ようとしている人はTCR SLR2を使用すれば、ほとんど不利なく戦えると思われます。

 

⒈3 SCOTT CR1 30

スクリーンショット 2016-01-27 22.08.22

(出典:chari-u.com)

価格:198000円(税抜)

オススメ度:★★★★⭐︎

ここでカーボンフレームロードバイクが登場しました。このロードバイク CR1はあの『弱虫ペダル』に登場するキャラクター「今泉俊輔」の使用しているロードバイクと同じシリーズとなります。

スクリーンショット 2016-01-24 14.25.47『弱虫ペダル』今泉俊輔が乗っているロードバイクを紹介する【SCOTT】
前回は『小野田坂道が乗っているロードバイクを紹介する』ということで、弱虫ペダルに登場する主人公である小野田坂道くんの愛車を紹...

あの今泉くんと同じシリーズのロードバイクに乗れるなんてファンからしたらかなり嬉しいことだと思います。

CR1 30のフレームはコストパフォーマンスに優れるいいものです。しかし、コンポーネントがSORAであることが欠点で、満足のいく走行をしたいのであればコンポ交換ということになるでしょう。

コンポを交換する予定があるのなら初めからこの上位モデルであるCR1 20を購入した方が良さそうです。

 

⒈4 BMC ALR01 Tiagra

スクリーンショット 2016-01-27 22.37.37

(出典:BMC)

価格:194000円

オススメ度:★★★★⭐︎

BMCのエントリーロードバイクとして販売されているのがこのALR01です。デザインは上位モデルと似ていて、BMCらしい造形美が伺えます。良い意味でゴツいですよね。エントリーモデルですがバランスのとれたフレームをしていて品質には問題ありません。

しかし、ブランド料によりやや値段が張るため、この価格帯に収めるのならコンポーネントはTiagraが限界です。そこがこのロードバイクを選ぶ際のネックになるでしょう。

やはり、この価格帯でもコストパフォーマンスに優れるGIANTなどのメーカーのスペックが1段階上です。ですが、ロードバイクはスペックだけが大事というわけではなく、自分の力を最大限に引き出してくれる性能を持ったものを選ぶことが大切であるということを頭の片隅に入れておいてください。

好きなブランドを選ぶことによってモチベーションが上がりますから。初心者にはそちらの方が重要かと思います。

 

⒉ 最後に

この価格帯のロードバイクはコンポーネントに105を搭載していて、ハイスペックのものが多く見られますが、歴史が深い多くの経歴を持ったブランドの場合、この価格帯ではまだエントリーロードしか買えません。

ハイブランドのロードバイクの本質を掴みたいのならば、もっと上のランクのロードバイクを購入する必要がありそうです。

しかし、コストパフォーマンスの良いブランドのロードバイクでは、レースで十二分に戦えるようなモデルが販売されているため、勝つことが目的ならば、そのへんのモデルに目星をつけるといいと思います

スポンサーリンク

 - 商品紹介 , , , , , , , , , , , ,