cyclist channel

サイクリストチャンネル

健康的にロードバイクに乗りたいならネックウォーマーを着用しよう

      2016/06/19

running-1081694_640

ロードバイクは健康意識の高い人やスポーツをして体を鍛えたい人、ダイエットをしたい人などの様々な目的を持った人たちの間で使用されている乗り物です。実際に呼吸器や心臓を鍛えるたり、脂肪を燃焼させるための有酸素運動の中でロードバイクを使用した運動はかなり効果的であることがわかっています。

しかし、そんなロードバイクでのサイクリングにも健康面における弱点があるようです。もしかしたら、健康維持のための運動がかえって病気を導く原因になってしまうことも…。

ということで今回は、ロードバイクを使用して運動することの健康面における弱点と、その解決方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈ ロードバイクの健康面における弱点

cycling-664758_640

ロードバイクは一般的に舗装された道を走行するように設計されています。つまり、ロードバイクが走る道には大抵自動車が存在しています。

自動車は大きな荷物を運ぶことができますし、体力をあまり使用せずに長距離を移動することができる優れものです。しかし自動車は、どうしても排気ガスを出してしまいます。ガソリンを燃料として燃焼させている以上仕方がないことですが、このガスは環境に悪く人体にとっても有害です。

最近では、エコカーが登場してかなり環境に優しい自動車が次々と登場してきました。しかし、量は少なくなるものの排気ガスは排出されてしまいます。

 

⒈1 ロードバイクに乗っているときは呼吸量が増える

cow-982155_640

ロードバイクに乗っているときは少なくとも平常時よりも呼吸回数は上昇しているはずです。運動しているわけですから当然のことでしょう。

さらにある程度のスピードを出すのならば呼吸量は2~3倍になります。筋肉が酸素を燃焼して運動エネルギーへ変換しているためです。負荷のかかる走行をすればするほど呼吸量は増加していきます。

 

⒈2 排気ガスを多く吸ってしまう

exhaust-fumes-372677_640

たくさん呼吸をするということはそれだけ平常時よりも排気ガスを吸う量も比例して増加ししてしまうということになります。これは、ロードバイクだけに限ったことではなくランニングやウォーキングにおいても同じことが言えるでしょう。

 

⒈3 対策はできないのか

だったら、何をしても健康に被害を及ぼしてしまうじゃないか…ということになってしまいます。

運動することで呼吸量が増えてしまうのは当然のことであるし、そもそも呼吸量が上昇しないような運動はダイエットや筋力の強化に効果ないと言っても過言ではありません。

では、どのような対策をすればいいのでしょうか。

 

⒉ 排気ガス対策

emergency-780312_640

スポンサーリンク

排気ガスは意識することなく吸っていますが、実はタバコの副流煙を吸っているのと同じで、蓄積されていくと肺がんや呼吸器不全などの病気のリスクが高まります。都会では特に自動車の量が多いため、有害な物質の肺への蓄積が早く行われていきます。

病気になってからでは遅いので、早めに対策しておくことが健康被害を受けないための最も適切な方法だと言えます。

では、ここからは具体的な対策方法について紹介していきたいと思います。

 

⒉1 室内で運動

fitness-713658_640

通常室内では排気ガス濃度が道路よりも低いです。つまり、室内で運動することができるのならば汚染物質を吸引する量を最小限まで抑えることができるのです。

ということで、室内でロードバイクに乗るのならばローラー台練習をすることになるでしょう。

しかし、ダイエット目的でロードバイクを購入した人の殆どはローラー台なんてものは持っていないと思います。ローラー台での練習は健康面においてメリットがありますが、持ってる人が少ないことから、すべての人がそのような手段をとって運動をすることはできないでしょう。

また、ローラー台での練習は景色の変化を味わうことができないため運動としては非常に単調で退屈なものになってしまいがちです。速くなりたいという強い意志がない限り、継続が難しい練習(運動)なのです。

 

⒉1 室外で排気ガスを吸わないようにするためには

室外で排気ガスをあまり吸わずに運動を行える方法が存在します。それは、呼吸をフィルターを通して行うという方法です。

これを聞くと、ガスマスクをするみたいなイメージを持ってしまう人がいるかと思いますが、もっと手軽な方法で排気ガスをカットできます。PM2.5をカットできるマスクを着用するのもアリですが、ちょっと不格好になってしまうことが想像されます。

では、自然体の見た目で排気ガスをカットするフィルター機能を得るためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

⒉3 PM2.5をもカットするネックウォーマー

冬になるとネックウォーマーをしますよね。首元を暖かくするのは体温維持に非常に効果的です。そんな首元を温めて冬のサイクリングを快適にしてくれるネックウォーマーで排気ガスなどをカットするフィルター機能を持ったものが発売されているのです。

それがこちら↓

首を温めてくれて、さらに排気ガスを遮断してくれるなんてかなりの優れものです。値段もそこまで高価なものではないので一つ持っていると安心かもしれません。

 

⒊ 最後に

sport-938792_640

ロードバイクを生涯趣味として続けるのなら健康は第一に考えなければいけませんし、健康促進のために乗っているのにかえって健康に悪かったらショックですよね。

そうかと言って、あからさまな対策をすると見た目が悪くなってしまうので考えものです。

その中で、自然に有害物質の吸引を避けることができる商品があるということで今回の記事を作成させていただきましたが、上記のことで悩んでいる方の解決策として参考になったら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 商品紹介 , , ,