cyclist channel

サイクリストチャンネル

驚きの事実!ロードバイクは『イメージトレーニング』のみで速くなる

      2016/06/19

cycling-races-450310_640

ロードバイクに乗っている以上他の人より速く走りたいというのは自然の摂理とも言えるでしょう。ロードバイク乗り全員がこのような気持ちを抱くわけではないかもしれませんが、少なくともこの記事をご覧になっているあなたは速くなりたい気持ちが少しでもある人だと思います。

ロードバイクで高速巡航を可能にするためにはもちろん筋トレは欠かせないものですし、速くなろうと思った人がまず最初にやるのが筋力トレーニングだと思います。
しかし、筋力トレーニングってとても辛いものです。何よりも継続が重要であるので3日坊主の人にはかなり大変な作業といえます。

しかし、もしロードバイクでの走行をイメージトレーニングのみで速くなることができたらいいと思いませんか?実は、ロードバイクはイメージトレーニングをすることによって今よりも速く走行することが可能となるのです。これは科学的にも証明されています。

スポンサーリンク

 

⒈ロードバイクはプラシーボ効果で速くなる

medic-563423_640

ロードバイクはプラシーボ効果というものと深く関わっているようです。では、まずはプラシーボ効果とはどのようなものなのかについて紹介していきたいと思います。

 

⒈1プラシーボ効果

プラシーボ効果という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
プラシーボとはラテン語の「私を喜ばせる」placeboが由来で簡単に言うと思い込みのことです。
プラシーボ効果をよく実験的に用いているのは治験などの医療分野で、効果がある薬を被験者に与える場合と効果が何もない薬の形をしたただのブドウ糖を被験者に与える場合とで対象実験を行うのに用いたりします。

薬効のない薬を与えられた被験者も思い込みによって身体に何らかの影響が出てくることがあるのです。

 

⒈2プラシーボ効果の多様性

プラシーボ効果は医療的な分野だけではなく、日常生活においてもみられる場合が多々あります。
アルコールが入っていない飲み物でも、アルコールが入っていると思い込ませて飲ませると、それを飲んだ人はアルコールを摂取していないのに酔っ払ってしまうという事例や、健康体の人が病気であると自信で思い込むことによって本当に病にかかってしまう事例など。

病は気からという言葉は本当でプラシーボ効果が原因であると言えるのです。

⒈3ロードバイクなどのスポーツ分野にも影響

プラシーボ効果はロードバイクをはじめとする、あらゆる分野のスポーツにおいて期待されています。
上記に示した事例から、スポーツにもプラシーボ効果が影響する可能性は極めて高いことがいえます、また実際に検証してみるとやはり効果があると報告されています。

ではどのようにして、ロードバイクなどのスポーツ分野でプラシーボ効果を発揮させることができるのでしょうか。

 

 

⒉イメージトレーニングとプラシーボ効果

round-585247_640

プラシーボ効果を発揮させるためにはイメージトレーニングがかなり重要であることが科学的にもわかっています。

 

⒉1空いた時間にイメージトレーニングをしよう

イメージトレーニングをにすることによってプラシーボ効果を得ることができます。
イメージトレーニングはなるべく具体的にすると良いとされていて、自分の筋肉の動きや景色などのあらゆるものを想像することによって効果を上げることができます。
また、プラシーボ効果は運動中にも得ることができて、自分がこうしたい、こうなりたいとイメージすることによってそのイメージを実現方向へ向かわすことを可能とします。

スポンサーリンク

からだを動かすような運動によるトレーニングとは異なり、頭のなかで自由に想像できるイメージトレーニングは、場所時間を問わないため忙しい人でも限られた時間を有効利用することができます。

 

⒉2ロードバイクとプラシーボ効果

ロードバイクでプラシーボ効果を発揮させるためには具体的にどのようなことをしたらいいのでょうか。もちろん、先程にも述べたように空いている時間を用いてイメージトレーニングを行ってもよいでしょう。
しかし、もっと簡単にプラシーボ効果を得る方法があるのです。

 

⒉3ロードバイクをカスタマイズする

ロードバイクはあらゆるパーツを交換することができます。部品の数は数えきれないほどあり、値段も様々です。
ロードバイクにおいてプラシーボ効果を得るにはこのようなパーツでロードバイクをカスタマイズすることが重要です。

実際に、パーツを新しいものに交換することによってイメージトレーニングをする際、現実からの想像が可能となるのでより具体的に、より深くイメージすることができます。

 

⒉4どのようなカスタマイズを行えばいいか

ロードバイクのカスタマイズはパーツによって実際に速さを変化させることができるものがあります。もちろんそのようなパーツを変更させることによって、パーツによる速度アップとイメージトレーニングによる速度アップの両方が見込めます。
しかし、実際に速度アップに直結するようなパーツの多くは値段が高いというデメリットがあります。
ホイールにいたっては、速さの向上にかなり直結していますが、カスタマイズするための費用が想像よりも一桁多いなんてことも…。

お金を出せば速くなるのは当たり前のこと。費用をかけないでプラシーボ効果を出したほうがコストパフォーマンスに優れます。

特に一般の方はプラシーボ効果による影響がかなり大きいので、安く大きな影響を受けることができたら嬉しいですよね。

では具体的にどんなパーツを交換するのがいいのでしょうか。

 

⒉5安価で高グレードを狙えるパーツ

安価なパーツ交換で大きなプラシーボ効果を得るためには、そのパーツが安価で手にはいるのにグレードは高いことが条件として挙げられます。
同じパーツで自分が持っているものよりグレードの高いものが存在してしまうと、気持ち的な盛り上がりに欠け、プラシーボ効果を十分に受けることができません。じぶんが遅いのはパーツのせいであると思ってしまう原因になるからです。

つまり、安くて高グレードが狙えるパーツがベストであるのです。

ここで私がおすすめするのはチェーンの交換です。
チェーンは、高グレード(Dura-ace)のものを選んだとしても4000円ほどで購入できますし、おまけに速度アップとも直結してしまうというお得なパーツです。

さらに、Dura-aceのチェーンは価格を消耗するまでの走行距離で割ると最もコスパがいいとされています。

他にも、バーテープやプーリーなど直接速度アップに繋がらないような部品も、ロードバイクの見た目がかっこよくなったりすることによってプラシーボ効果を得ることができます。

 

 

⒊意味のないものに意味を見出だす重要性

dawn-190055_640

ロードバイクのカスタマイズはプロでもない限りほとんどが自己満足の世界です。
意味がないといってしまってはおしまいなのです。
しかし、今回紹介したプラシーボ効果と関連付けることによってそのカスタマイズすることに意味を見出だすことができます。

意味がないものに意味を見出だすことができる。これはとても素晴らしいことだと思います。

ロードバイクの奥深さは到底はかり得ることはできないものなのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , ,