cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイクにおけるクイックリリースレバーの正しい角度とは

      2016/06/19

round-585247_640

ロードバイクはメンテナンスや輪行がしやすいよう、初心者でも簡単にパーツごとに分解できる構造をとっています。その中で車輪を着脱する際にはクイックリリースのレバーを動かすという作業を介しますが、ロードバイク組み立て時に、このクイックリリースのレバーはどのような角度で締めていますか?

ちなみに、街中で見かけるロードバイクのクイックリリースレバーの向きは上向きあるいは、横向きである場合が多いような気がします。向きなんてどうでもいいと思っている人や自分にとってこだわりの角度がある人など…人によってレバーの向きはそれぞれのようです。

一体、クイックリリースレバーの向きに正解はあるのでしょうか。ということで今回は『ロードバイクにおけるクイックリリースレバーの正しい角度とは』について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈ロードバイクにおけるクイックリリースレバーの向き⑴

mill-208571_640

ロードバイクはスピードを競い合う競技の中生まれた自転車であるのでどうしても気にしなければいけないのが空気抵抗です。どんなに小さなパーツであっても空気抵抗が少なくなるよう考えられた構造をとっていますし、サイクルウェアやレーパン、ヘルメットなど身につける装備に至っても空気抵抗が少なくなるように設計されています。

空気抵抗や軽量化を考えて商品を制作するには費用がかかるためその商品の値段自体も高くなります。つまり、鍛えることや技術向上などの体の変化を介さなければ、ロードバイクでより速く走行するためにはお金がかかるということなのです。そんな中、クイックリリースレバーの向きによって空気抵抗が軽減することが可能であるのにしないというのはかなりもったいないことだと思われます。

 

⒈1空気抵抗を考えた向きにしよう

空気抵抗が最も少なくなるクイックリリースレバーの向きは地面に対して水平方向であると考えられます。レバーを水平方向にすることによって正面から見たクイックリリースレバーの面積が最小になり、正面方向からの力を受けにくくなります。

つまり、ここで考えられる最善のレバー角度は地面に対して水平ということになります。

しかしまだ選択肢として、フロント前向き・リア前向き、フロント前向き・リア後ろ向き、フロント後ろ向き・リア前向き、フロント後ろ向き・リア前向きの4パターンが考えられます。

この中で正しい(最も良いとされる)組み合わせは一体どれなのでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

⒉ロードバイクにおけるクイックリリースレバーの向き⑵

stop-705669_640

ロードレースにおいて空気抵抗は最も重要な要因のうちの一つであることは確かですが、ロードバイクを運転しているのが人間である以上、安全であることが第一条件としてあげられます。

クイックリリースは車輪を固定するために必要なパーツであるため、これが何らかの原因で外れてしまったり壊れてしまったりするなどのことがあると大変なことになってしまいます。最悪の場合あの地につながるような事故になってしまう恐れすらあります。

したがって、大けがにつながるようなアクシデントを起こす確率が最も低くなるようにセッティングしてあげなければなりません。

 

⒉1ロードバイクは集団で走行することがある

ロードバイクは個人で走る他、集団で列をなして走行することがあります。この時に起こってしまうのが他の車体との接触です。車体の数が多い集団内では特に接触するリスクがあります。また、チーム内で列をなす際、集中力が乱れてしまうと前あるいは後ろの人のロードバイクと接触してしまう可能性があります。

 

⒉2一般道には障害物がたくさんある

一般道は自転車だけではなく自動車も使用するため、縁石や標識などの障害物が存在しています。他にも、木が倒れていたり、大きな石が落ちていたりする可能性もあります。

このような環境の中でサイクリングをしていたらいつクイックリリースレバーが何に当たるのかということについて想像がつきません。

どこかにロードバイクの車体が軽く当たってしまったという時に運悪くクイックリリースレバーにも接触していて、車輪との固定が緩んでしまう事態が起こしまったら大きな事故に繋がりかねません。

 

⒉3外的な接触を受けにくい位置

以上のことから外的な接触を受けにくい位置が良いとされます。先ほどの4パターンの中で一番外的な接触を受けにくい組み合わせはフロントが後ろ向き・リアが前向きの場合です。

前からの接触や後ろからの接触を考慮するとこの組み合わせが最も安全であると考えられるでしょう。

 

 

⒊これらの結果より

1、2で述べたことを合わせるとロードバイクにおけるクイックリリースレバーの向きで最善とされるのは地面に対して水平でフロントは後ろ向き、リアは前向きということになります。

もし、クイックリリースレバーが安全性に欠けるような向きを向いていた場合は上記なある向きに正してあげることをおすすめします。

空気抵抗の問題だけであったら高速巡航をしない人たちにとってはどうでもいいことでありますが、安全に関しては万人に共通ことですので。

※ロードバイク、クイックリリースの種類によってはクイックリリースレバーの向きを地面と水平にすることによってフォークに傷をつけてしまう可能性があります。その場合にはロードバイクを側面から見てレバーを『ハの字』の向きにするのが良いかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , ,