cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク乗りが『5本指ソックス』を履くべき3つの理由

      2016/06/19

sock-999052_640

突然ですが、5本指ソックスを履くことによって得られる効果をご存じでしょうか。水虫の予防や、指先の保温に効果があることは知っている方が多いかと思います。しかし、5本指ソックスは他にも意外な効果を持っています。

特にサイクリストにとっては欠かせないような重要な効果もあるのです。

ということで今回は、ロードバイク乗りが5本指ソックスを履くべき3つの理由について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈足の指に豆ができるのを防ぐ

coffee-747602_640

5本指ソックスは隣接する足の指同士が接触することを防ぐように1本1本の指に対して覆うように作られています。従って、ロードレースやロングライドにおける指同士の摩擦を軽減してくれることによって足の指の皮膚が剥けてしまったり豆ができてしまうのを防いでくれます。

また足を痛めてしまって、それをかばうようなペダリングをすると体のバランスが崩れパワーロスが激しくなってしまうとともに体の他の部位を痛める原因にもなってしまいます。つまり、5本指ソックスは足の怪我のリスクを抑制してくれるだけではなく、他の体の部位の故障のリスクも抑えてくれるのです。

また、サイクリストだけではなく長距離を走るようなマラソン選手にとっても同じことが言えます。

 

⒉指がペダルに伝えるパワー効率を上げる

sand-289225_640

5本指ソックスを履くと足の5本の指が独立して動かすことができるようになります。これは地面を思いっきり蹴ったりペダルを踏んだりするときに足がそれらにパワーを伝えるために非常に有効で、パワー伝達効率が上がります。

スポンサーリンク

また、ここぞという時の踏ん張りがきくため急加速や細かいペダリング操作を可能としてくれます。

5本指ソックスを履くと足の指が地面に効率的に力を伝達することを可能とさせるため足全体のクッション性も向上します。地面から与えられる振動は少量ならば気がつくこともないようなくらいしか体へのダメージを与えませんが、それがロングライドやマラソンなどで長時間にわたって蓄積されるようになると体への大きなダメージを生み出します。つまり、このような体への負担を5本指ソックスは軽減してくれるのです。

指が独立して動くということは指それぞれに適切な筋肉をつけることにも効果的です。

 

⒊足の悪臭を防ぐ

cow-982155_640

ロングライドやマラソンをした後の足の臭いは想像したくないくらいのものになってしまいます。このような悪臭の原因は長時間運動することによって足や足の指の間に汗をかきその汗によって雑菌が繁殖してしまうことが原因です。特に足の指の間は肌が密着しやすいので大量の汗をかいてしまいます。

5本指ソックスを履くと指の間に靴下の生地が入るためそれが汗を掻く原因を少し抑えてくれるとともに、汗をかいたとしても生地が汗を吸ってくれて靴下の外に水蒸気として放出してくれます。

運動中の指の間のヌメヌメは雑菌繁殖にとって都合の良い場所であるのです。

また、普通の靴下よりも面積が大きいため同じ素材同士で比べた場合、5本指ソックスの方が多くの水分を吸収、発散してくれます。

 

⒋サイクリング用の5本指ソックス

ロードバイクに乗ることを想定した、サイクリストのための5本指ソックスが販売されています。このソックスは運動する状況を想定しているため高い吸水性や速乾性を持っています。さらに、効率の良いペダルへのパワー伝達のために考えられた形になっていて、足にかなりフィットします。(ゆるい靴下を履くとパワーロスにつながります)

皆さんももし気になるようでしたら5本指ソックスを購入してみることをおすすめします。特に夏場のサイクリングが少し快適になりますよ。

たくさん汗をかいてしまったらいくら5本指ソックスでも悪臭を断つことはできませんが、普通の靴下よりはマシなはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , ,