cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク初心者のための『間違えのないステム選び』

      2016/06/19

cycling-664758_640

ロードバイクに長距離乗っていて肩や腰に疲れを感じる人は少なくないと思います。ロードバイク初心者の方はまだロードバイクに乗っている際の前傾姿勢に慣れていなかったり、姿勢の維持に必要な筋力がなかったりなどという原因により、比較的疲労が溜まりやすい傾向にあります。

しかし、中には身体的な理由ではなくロードバイクのパーツに問題がある場合があるのです。適切なパーツ選びをすることによって、かなり疲労が軽減される可能性があります。

ということで今回は、ロードバイクに乗るときの姿勢に大きく関わってくるパーツである『ステム』について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈ ステムの種類

ステムはハンドルの高さやサドルからハンドルまでの距離を決める重要なパーツです。ロードバイクに使用されるステムには主に快速車(ママチャリ)などに多く取り入れられている『スレッドステム』とロードバイクやクロスバイクなどに多く取り入れられている『アヘッドステム』の2種類が存在します。

スレッドステム↓

bicycle-918573_640

 

アヘッドステム↓

racing-bike-598195_640

スペーサーが必要でないスレッドステムは、ハンドルの高さ調整には適していますが固定が弱いため、激しい動きをするスポーツバイクには不向きであります。

しかし、ピストバイクにはスレッドステムが採用されている場合が多いです。これは競輪の世界でアヘッドステムの使用が禁止されていることに影響されているからだと考えられます。また、見た目がスッキリしていることから、外見重視の人たちからの需要があり、細いフレームで構成されているクロモリロードバイクには採用されている場合があります。

昔はロードバイクにもスレッドステムが採用されている場合が多く見受けられましたが、剛性の上げやすさ、軽さの追求を理由に最近では後者のアヘッドステムが主流になっています。

上記にある通り、ロードバイクにはアヘッドステムが付属されている場合はほとんどなので、アヘッドタイプのものについて述べていきます。

 

⒈1 ステムの長さ

ステムは様々なメーカーから発売されておりそれぞれ形も異なっていて多種多様です。ほとんどのモデルにおいて10mm刻みで違う長さのステムがあります。短いものだと50mm、長いものだと140mmほどにも及びます。

一般的なロードバイクに付属されているステムの長さは100mm前後のものが多いです。

 

⒈2 ステムの長さの測り方

ステムの長さの基本的な測り方は、ハンドル径の中心からフォークの中心までの長さです。

m966O35T8j0XxhW1449395875_1449395883

※メーカーにより『中心から中心』ではなく『外側(端)から外側(端)』で計測するものもあるので注意。

 

⒈3 ステムの角度

ロードバイク用の一般的なステムの角度は7°に設定されていますが、中には0°や17°のものもあります。これらは角度が大きくなるほどステムが下向きになるため、ハンドルの位置もそれにしたっがって下がります。

角度が固定されているステムがほとんどですが、可変ステム(アジャストステム)という角度調整可能なステムも販売されています。

スポンサーリンク

しかしこのステムは、一般的なステムよりも複雑な作りをしているため剛性や軽量面では劣ります。

 

 

⒉ どのようなステムを選ぶべきか

sport-938797_640

ステムの長さや角度は用途によって使い分けるのがベストです。ここでは、場面に応じたステムの選び方について述べていきたいと思います。

 

⒉1 ステム長が大きい(長い)もの

長さのあるステムを取り付けるとサドルからハンドルまでの距離が遠くなります。したがって、乗っている人の姿勢はより前傾状態になるのです。

前傾が深いと空気抵抗が小さくなるとともに、自転車を前進させるための筋肉を多く使うことができるため効率の良い走行が可能となります。したがって、高速域で巡航したいという場合にはやや長めのステムを選ぶと良いでしょう。

しかし、前傾姿勢が深いためそれに対応する筋肉が備わっていないとかえって筋肉をフルに使用することができなくなり逆効果になります。

また、深い前傾姿勢は長距離のサイクリングには向いておらず、相当このような姿勢に慣れていない限り、首や腰に負担がかかってしまいます。

 

⒉2 ステム長が小さい(短い)もの

短いステムの多くはクロスバイクに使用されています。短いステムにすると、ハンドルからサドルまでの距離が近くなるため体が起きた状態になります。

従って、走行中の空気抵抗は増してしまうため高速で走行するのには向いていません。しかし、快適性とアクティブなハンドリングを行うのためには効果的と言えます。

ロードバイク初心者の人は特に、ステムを少し短くすると長時間の運転が楽になります。

 

 

⒊ ステムを選ぶ際の注意

stop-705669_640

ステムを選ぶ時に気をつけなければならないことがあります。それは『コラム径』、『クランプ径』、『ステムハイト』、『クランプ幅』の4つです。

 

⒊1 コラム径

コラム径とはフロントフォークと結合する方の穴の直径のことです。一般的なロードバイクでは、コラム径が28.6mmのオーバーサイズと25.4mmのノーマルサイズが採用されています。剛性を高めなければならないハイエンドもですでは、コラム径31.8mmのスーパーオーバーサイズもあります。

適切なサイズを選ぶために、購入する前に今使っているステムのコラム径を測っておきましょう。

 

⒊2 クランプ径

クランプ径とはハンドルに結合する方の穴の直径になります。一般的なロードバイクではクランプ径が31.8mmのオーバーサイズのステムが主流となっていますが、クロモリ製の細いフレームで構成されているようなロードバイクはクランプ径も細いものが多くクランプ径が26mmのステムが採用されている場合があります。

 

⒊3 ステムハイト

ステムハイトとはコラムをクランプする部分の高さになります。これは現在つけているものより小さいものにする分には、ヘッドスペーサを入れたり、コラムをカットすることによって調節が可能ですが、大きいものにしてしまうとステムが入るための場所が足りず固定することができなくなってしまう恐れがあります。

 

⒊4 クランプ幅

クランプ幅とは、そのままですがハンドルとクランプする部分の幅のことです。これは、一般的なサイズならばどれにしても問題はほぼありませんが、ハンドルに何かつけている人の場合は注意です。(サイクルコンピュータ、DHバーなど)

クランプ幅が大きいものは、これらのアクセサリがハンドルとくっつくための領域を占領してしまう可能性があります。

 

 

⒋ 最後に

今回は簡単にステムの選び方を紹介しましたが、わからないことがあったらショップの店員などの自転車の知識がある人に聞いてみてください。

せっかく購入したのに使えなかったら損をしてしまいますからね。

また、急激に長さを変更してしまうと腰痛や首の痛み、肩こりを誘発してしまう可能性もありますので、体に負担をかけたくないのなら少しずつステムの長さを変えていくといいかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , , , , , , , , , ,