cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク初心者が最初に目指すべき速度とは?

      2016/06/19

road-259815_640

ロードバイクは人力最速の乗り物として有名です。自分の力がダイレクトに伝わり、それが速度に変わっていくという感覚が何よりも心地よいものです。ところで、街中で車の流れに乗って走っているロードバイクをよく見かけませんか?車が出す速度ですから相当速いはずですよね。ロードバイク初心者の誰もがあんなふうに速く走ってみたいと思うはずです。

ロードバイクを初めたばかりの人は特に周りの人たちがどれくらいの速度で走ることができるのかということがきになると思います。

今回は、そんなロードバイク初心者の人のために、『一般的なロードバイク初心者が目指すべき速度』は一体どのくらいなのかについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈ ロードバイクのポテンシャル

cycling-655565_640

ロードバイクって最高のエンジン(最高の脚を持っている人)を搭載したら一体どのくらいの速度で巡航できるのでしょうか?

2015年に行われたロードレース最高峰の大会であるTour de Franceではローハン・デニスという選手が平均速度55.446km/hで大会新記録を出しました。

つまり、50km/h以上もの平均速度を人は出すことができるということになります(ただし、超人に限る)。もちろん、メーカーが最高の技術を注ぎ込んだようなロードバイクを使ってこそのスピードではあります。しかし、初心者が買うような比較的低価格のロードバイクにもそれなりのポテンシャルが存在しています。

ロードバイクは安いものでも原付くらいなら簡単に抜かせるポテンシャルは持ち合わせているのです。ロードバイクは機材も大切ですが一番大切なのは『脚』というわけです。

 

 

⒉ 初心者が目指すべき速度

triathalon-cycling-racer-618750_640

私が思う、ロードバイク初心者が目指すべき速度は….

30km/hです!(無風)

世界トップの選手の速度と比べるとだいぶ劣りますが、一般的に街中で使われているママチャリが大体20km/hくらいで走っているので、見た目的にはかなり速いと思います。

ちなみに、最高速度ではなく巡航速度です。1時間くらいの時間ならそれくらいの速度で維持できるというくらいの速度が巡航速度の基準としていいでしょう。

スポンサーリンク

 

⒉1 コンディションによって速度の差がかなりでる!?

mill-208571_640

陸上の大会で追い風参考記録というものがありますよね。あれは、追い風だから速度的に有利になってしまうということでできました。

つまり、スピードを競う世界に中で風向きは考慮しなければならない条件であるのです。自分が20km/hで走っている時、その向きと逆に風が10km/hで吹いてきたら、自分は30km/hで走っている時と同じくらいの空気抵抗を受けます。

ロードバイクは基本的に二本の足で走るよりもずっと速い速度で走行することができます。従って、空気抵抗に関しては、ロードバイクの方が考慮しなければならないポイントなのです。

速ければ速いほど空気抵抗は大きくなっていきます。20km/hから30km/hにするのに力が100W必要であったら、30km/hから40km/hにするのには100Wではなく、200Wくらい必要になるのです。(これは例え話です)

 

⒉2 天候によってはトレーニングを積んでいる人でも30km/hの維持は難しい

トレーニングをしっかりと積んできた人でも、向かい風が強い日には30km/hを維持するのはかなり大変になると思います。ですので、自分の速度がどれくらいなのかを測るときには無風であるのがベストでしょう。

逆に、追い風だった場合には30km/hは以外と簡単に出ます。

 

 

⒊ 30km/hを維持できたとしても調子に乗ってはいけない

 

おそらく、運動神経の良い人ならば初心者でも30km/hを維持することができるでしょう。

一般的に35km/hをずっと維持できたら結構速い部類に入ります。30km/hを越えることができた初心者は、あと5km/hアップなんて余裕だなんて思うかもしれません。

しかし、その考えが大きな落とし穴なのです。

 

 35km/hの壁

wall-1065465_640

先ほどにも説明しましたが、速度が速くなればなるほど空気抵抗は大きくなっていきます。実際、30km/hを越えるまではよほど強い向かい風でない限り、考慮しなくてもある程度練習を積んでいる人なら軽く越えることができます。

しかし、35km/hからは驚くほどに空気抵抗が大きく、1km/h速度を上げようと思ってもなかなかあげることができないのです。

35km/h維持できる人と37km/h維持できる人ではかなり実力に差があるということです。もちろんもっと速度が上がれば、その差はより大きくなってきます。

 

 

⒋最後に

初心者の人は、まず無風で30km/hを維持できるようになることを目標としましょう!

でも交通事故には十分気をつけてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - 知識 , ,