cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイク vs TTバイク どちらを買うべきか

      2016/06/19

cycling-820177_640

一般的なロードバイクの他にエアロ構造をとったTTバイクというものがあります。

昔はTTバイクというと高価でしたが、最近では安価なエントリーモデルが発売されるようになったため、人によってはロードバイクを購入する際、選択肢のうちの1つに数えられるでしょう。

今回はロードバイクとTTバイクそれぞれの特徴とどちらを買うべきなのかということについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

⒈ ロードバイクとTTバイクの違い

ロードバイクとTTバイクは一体どこが違うのでしょうか。大まかな違いについて紹介していきます。

 

⒈1ポジショニング

ロードバイクとTTバイクでは、乗った時のポジショニングが異なっていてTTバイクの方がより前傾姿勢をとるようになっています。

TTバイクのフレームはヘットチューブが短くシートチューブの角度がロードバイクのものより垂直に近いです。

ロードバイク  74°くらい

TTバイク 78°くらい

また、TTバイクのサドルはロードバイクのものよりも10cmほど前に出ています。

 

⒈2 フレームの空気抵抗

ロードフレームは運動性が高く、軽量ですが空気抵抗は少し大きいです。一方、TTフレームは空気抵抗はエアロ構造によりかなり軽減されるようになっているのですが重量が重く、運動性も低いです。

ロードバイクはヒルクライムなどの項目もこなさなければならないため、平地専門のTTバイクと比べフレームがより軽量化されています。

一方、単独で走る平地を速く走るために設計されたTTバイクのフレームは空気抵抗を第一に考えられています。

 

⒈3 ハンドル

一般的なロードバイクの場合、ハンドルはドロップハンドルが採用されています。一方、TTバイクではブルホーンハンドルとDHバー、アームレスト(腕をのせるところ)がセットで装備されています。

TTバイクのハンドルは人間の空気抵抗が小さくなるようにより前方に出ていて、深い前傾姿勢をとれることを可能としています。アームレストは、こういった姿勢を長時間維持するために体重がかけられるよう作られています。

 

⒈4 ホイール

TTバイクは基本的にリムが高いホイールが採用されています。ディープリムホイールやディスクホイールは空力性能に優れていて、空気抵抗が小さいです。

ロードバイクは軽量化を重視しなければならない状況の場合リムが低い軽量ホイールをつけ、平地などの空気抵抗を考慮しなければならない状況では、ディープリムホイールを使います。

スポンサーリンク

 

 

 

⒉ それぞれのメリット/デメリット

cycling-664758_640

ロードバイクとTTバイクは使用する目的が違いますのでそれぞれ得意分野、苦手分野が存在しています。

 

⒉1 ロードバイクのメリット/デメリット

ローダバイクは平地や山岳などといった様々なステージをこなさなければならないため、空気抵抗や重量が考慮されています。しかし、空気抵抗を意識しすぎてフレームを薄くしてしまうと、横剛性が落ちてしまい、登りでダンシングをするときなどに力が逃げてしまいます。したがって、それに支障が出ない程度に設計されているため空力性能はTTバイクよりも劣ります。

ロードレースではドラフティングといって、先頭を交代しながら列になって空気抵抗を軽減することが可能なので、空力性能が軽量化に比べ重視されない傾向にあります。

様々な用途に使用することができるためオールマイティーな性能を持っています。

 

⒉2 TTバイクのメリット/デメリット

TTバイクは直線の多い平地を単独で走ることに特化したバイクです。平地では重量の差が速度にあまり影響を与えないため車体が少し重いです。ですが空力性能は極限まで抑えられています。フレームだけではなく細かいパーツまでもが空気抵抗を意識した構造になっています。

高速巡行を可能とする構造をとっていますが、それゆえに運動性が低いです。(曲がったりするなどの細かい動きが苦手)

 

 

⒊ どちらを買うべきか

トライアスロンに出るならばTTバイク。サイクリング、ロードレースに使うならばロードバイクです。

TTバイクは平地の直線コースでこそ最大の性能が発揮されるので、街中を走るのには向いていません。ですから、使用用途があまり決まっていないのであればロードバイクを買った方が良さそうです。

トライアスロンなどのTT競技に参加するのであればTTバイクを購入すべきであると考えられます。

 

 

⒋ TTバイクにドロップハンドルをつければいいのでは?

先ほどに説明した通り、TTバイクとロードバイクの構造は異なっています。TTバイクはシートチューブの角度がきつくサドルも前に出ているためペダルをこぐ時に使う筋肉が異なります。

したがって、ドロップハンドルをつけたとしてもロードバイクと同じようなパフォーマンスを出すことができません。

 

 

まとめ

【ロードバイク】

空力性能:可

重量:良

運動性:良

凡庸性:優

 

【TTバイク】

空力性能:優

重量:可

運動性:可

凡庸性:可

 

私的な意見になりますが、確固たる使用目的がない限りロードバイクの購入をオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , ,