cyclist channel

サイクリストチャンネル

泊りがけのロングライドをするときに持っていくべき荷物

      2016/06/19

bike-467598_640

初めて泊りがけでロングライドをする場合には、何を持っていったらいいのか意外とわからないものです。

かといって、心配でたくさん荷物を持っていっても使わなかったりして重荷になってしまうだけ…。

今回はそんな、何を持っていくべきかと不安を抱いている泊りがけのロングライド初心者の方向けにどのような荷物を持っていくのがベストかということについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

パンク修理キットは必須

ロングライドを行うにあたって、必ず持っておきたいのが『パンク修理キット』です。スペアのタイヤまで持っていく必要はありませんが、替え用のチューブは最低でも1つは持って行ってください。

また、パンクした時はその場でチューブ交換をする場合がほとんどであるためタイヤレバーも忘れずに。

あまり荷物にはならないので、パッチも持っていくといいでしょう。でも、パッチは本当に応急処置の場合に使用するため、結局はチューブを交換することになります。しかし、後10kmくらいで自転車屋さんがあるという状況なのであればそこまで持ちこたえるための処置として非常に便利です。

空気を入れるための携帯ポンプも忘れてはいけませんよ。

あと、六角レンチなどのメンテナンス用品も持っていくべきです。

 

服装は最小限に

夏場ならば薄着であるため次の日の服を持っていってもたいして大きな荷物にはなりませんが、寒い季節になると着るものってかなりの体積を必要とします。

結論から言うと、泊りがけのロングライドを行うときにビジネスホテルのような宿泊施設に泊まるのであれば次の日の服装なんていりません。ホテルに洗濯機があればそこで1日目に着た服を洗濯し、次の日にも着ればいいだけです。もし、洗濯機がなかったとしても洗面台などで石鹸を用いて洗えば大丈夫です。

ちなみに自分は、広島県から青森県を縦断した経験があるのですが、服装は1組ほどしか持って行っていませんでした。それでも乗り切ることができたので、一泊二日のロングライド程度では絶対に大丈夫です。

やっぱり、リュックの中にたくさんの荷物が入っている状態で100~200kmほど走行すると肩がかなり疲れます…。

寝るときの服装も、場合によってはホテルに置いてあるので持っていく必要はないかもしれません。←先にホテルの人に確認を取っておくと良いでしょう。

 

財布は2つ持っていく

サイクリング中飲み物や食料の管理はきっちり行わなければ体調を崩してしまう可能性があるので徹底して行いましょう。健康があってのサイクリングです。

スポンサーリンク

ロングライドをするとコンビニエンスストアに数回は訪れることになると思いますが、その時に大量のお金が入った財布を出し入れすると、どこかに忘れてきてしまったり、落としてしまったりする確率が上がってしまいます。

そんなリスクを抑えるためにも、普段使う用のお金があまり入っていない財布と宿泊などに必要なお金や何かあった時用のお金が入っている財布を持って行き、後者はカバンの奥の方などのなくしにくい場所にしまって保管しておくのがいいと考えられます。

せっかくの楽しいサイクリングが、大金を落としたことによって苦い思い出になってしまうのはなんとしてでも避けたいですよね。

休憩からの出発の際には忘れ物がないか毎回確認する癖をつけてください。

 

ファブリーズを持って行くと便利

ロングライド後の靴の中は雑菌天国です…。次の日の出発の際にこの中に足を入れるということを考えるとかなり億劫になります。←気にしない人なら大丈夫ですが….

数人のグループで行く場合には誰か一人が持っているとヒーロー的扱いになります。

まあ、最近は便利な世の中なのでコンビニや薬局で購入すればいいのですがね。節約は大事ですよ。はい。

 

オロナイン最強

もしも、自分や他の誰かが落車してしまって軽い怪我を負ってしまったら、応急処置をする必要があります。

ここで超便利なのがオロナイン。オロナインを傷口に塗っておけばとりあえず細菌の侵入を防げますので、膿んでしまうことを防げます。

オロナインの用途は範囲が広いのでここでは紹介できませんが、小さいサイズのものを1つ持っておくと非常に便利です。

 

目薬で目の疲れを癒そう

ロングライドはとにかく目が疲れます。一日中運転しているわけですからね。

夏場なんかは日光の強いため余計に疲れると思います。目の疲れによって集中力が低下してしまうと、車道を走るロードバイクにとっては事故の原因になりえてしまいます。

そんなアクシデントを防ぐためにも休憩時の目の栄養補給は大事なのです。しかも、目薬ならそこまで荷物にはならないですよね。

 

足りない分はコンビニで

このご時世、もしも足りないものがあったとしても、ある程度のものならばコンビニに置いてあります。お金はかかってしまいますが、いざとなったらその場で買うのもありです。

しかし、一泊二日のロングライドは服とお金、自転車のメンテナンス道具、サイクリングを楽しむ心があればなんとかなります。(パンクキットだけは忘れないように)

 

最後に

ロングライドは様々な景色の変化を楽しむことができます。しかし、景色ばかりに気を取られて事故を起こさないよう気をつけてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 知識 , , ,