cyclist channel

サイクリストチャンネル

学生は可能であれば通学に『クロスバイク』を使うべき

      2016/06/19

road-bike-761307_640

学生が通学に使う自転車と言えば、ママチャリ。荷物が多い学生にとっては非常に便利な乗り物です。しかし、

ママチャリも安いものでは15000円くらいからありますが、高いものでは60000円くらいまでします。学校の校則によって自転車のタイプが指定されてしまっている可能性がありますが、それなら校則に従うべきだと思います。しかし、指定されていなかった場合でも、たいていの人はなんとなくママチャリを買ってしまうような気がします。そんな私も、高校時代はママチャリで毎日通学していました。

しかし、スポーツタイプの自転車に乗ってみて価値観がだいぶ変わったのです…。ということで今回は、学生はママチャリに乗るべきかどうかということについて述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

全てが揃っている自転車『ママチャリ』

ママチャリって一般的な自転車として、ごく普通のイメージを抱く人が多いかと思います。サイクルショップにもいろんなラインナップが揃ってるし、色もたくさんあるし…。しかし、このママチャリ。本当はめちゃくちゃ凄いんです。

安いものは10000円くらいで売ってますよね?しかし、そのママチャリには、ライト、カゴ、荷台、スタンド、泥除けなど様々なオプションがさりげなくほとんど付いているんですよね。

これは凄いことで一つの部品あたりの値段を考えて頭の中で計算すると驚くべき低価格!元値は一体いくらくらいで、利益は出ているのかっていうことが心配になる程です。

とりあえず、ママチャリを買っておけば間違いはなさそうです。

 

ママチャリの弱点

そんな万能自転車ママチャリにも弱点があるんです。

それはスピード。ママチャリに乗って時速25km/h以上をキープしようとする(歩道だと危ないかも)と少し息が切れてしまうと思います。

ママチャリは高機能を求めてしまったばかりに総重量が重くなってしまい、スピードがあまり出ない自転車となってしまいました。

スポンサーリンク

 

スピードと手頃さを兼ね備えたクロスバイク

そこでクロスバイクが出てくるわけです。クロスバイクは基本的にカゴや泥除けは付いていませんがつけようと思えばつけることができますし、ライトも2000円ほどで買うことができます。

鍵のある程度のものを買っておけば、安い価格のママチャリと同程度もしくはそれ以上のセキュリティーを備えることができます。

値段はGIANTのescapeシリーズで60000円弱と少々高いですが、それと引き換えに三年間の朝の快適さと時間をお金で買ったと思えば…出せないこともない金額なのでは?と思います。(もちろん買えない、買ってもらえない場合がほとんどだと思いますけど)

スピードはママチャリで20km/hほど出していたら、クロスバイクでは25km/hほど出るんじゃないかと思います。なんでこんなに速いんだろうと思うくらいレベルが違います。

 

クロスバイクで時間にゆとりを

もしあなたが、ママチャリで毎朝30分通学に時間を費やしているとしたら、クロスバイクに変えたら24分で目的地まで到着することになります。つまり、遅刻ギリギリのママチャリ通学の人がクロスバイクに乗って通学してきたら、6分も早く学校に着くわけです。6分って…だいぶ違いますよね!往復にすると12分。

一年に250日学校に行くとしたら、12分×250=3000分

3000分って60時間!?こんなにも得をするんです!!!塵も積もれば山となるったやつですね。

この時間を英単語などを暗記する時間に使ったら…かなり成績が伸びると思います。

 

まとめ

クロスバイクでの通学が経済的、校則的に可能であれば是非検討してみてもらいたいところであります。中学を卒業したばかりくらいの人は本格的なクロスバイクに乗ったことがない場合がほとんどだと思います。しかし、乗ったら病みつきになること間違いなしです。

ただ、ひとつだけお願いがあります。交通マナーを良く守って、安全運転を心がけてください。

急いでるからって信号無視はいけませんよ。クロスバイクに乗っていれば、そんなに急がなくても間に合う可能性が高いですからね。

おすすめのクロスバイクを紹介した記事があるので、クロスバイクの購入を思い立ったらこちらを参考にして下さい↓

スポンサーリンク

 - 知識 , ,