cyclist channel

サイクリストチャンネル

なぜ、ロードバイクのサドルはあんなにも硬いのか『4つの理由』

      2016/10/18

saddle-236961_640

皆さんも同じみロードバイクのサドル。あれ、とてつもなく硬いですよね。クッション性などあってないようなものです。ロードバイク初心者の方はあの硬さにかなり悩まされたと思います。

また、中級者、上級者の方々も少なくとも一度は硬すぎと思ったことがあると思います。 では、なぜロードバイクのサドルはあんなにも硬いのでしょうか?

今回は、サドルの硬さの理由について述べていきたいと思います。  

スポンサーリンク

 

理由1 サドルにクッションを入れると重くなってしまう

ロードバイクは数グラムという小さな重さをも考慮する軽量化の世界です。実際、高いモデルのラインナップを見てもらえれば分かると思いますが、とっても軽いんです。 そんなロードバイク、軽量化をするために凄まじい技術をねじ込んでおります。

結果として基本的に車体が軽くなるほど車体価格も高くなります。 しかしそんな中、サドルにクッションがあったらどうでしょう。明らかに重さ削減の対象になるでしょう。

したがって、今現在のロードバイクのサドルのほとんどはあんなにも硬くなったのだと考えられます。  

 

理由2 漕ぐ力のロスになる

 

もしあなたが、これから重い荷物を運ばなければならないという時に地面がふかふかのマットだったらどうでしょう。きっとすごく運びにくいと思います。

スポンサーリンク

逆に、地面が固いコンクリートだったら管理踏ん張ることができると考えられます。今のは例えですが、このようなメカニズムによって、サドルのクッション性が高いと力のロスが生じてしまいます。

限りなくペダリングのパワー伝導効率を高めることが勝利へと導く鍵となるロードレースの世界でこのようなロスは大敵なのです。  

 

理由3 そもそもサドルの柔らかさは必要ない

saddle-832802_640 初心者の人はお尻がすぐに痛くなりがちなのですが、実はロードバイクに乗り慣れてくると長時間乗っても痛まなくなってくるのです。

これはなぜかと言いますと、サドルに触れてる部分の筋肉の発達と体重の掛け方の変化がみられるようになるからです。

つまり、ロードバイクにたくさん乗れば、次第にからだが慣れてくるということです。  

 

理由4 ポジションを定めやすい

ロードバイクにうまく乗るためにはサドルの適正な座る位置が重要です。このような適正なポジションは固いものの上だからこそ精密に保たれることができます。 以上のことが大まかなサドルの硬い理由であると考えられます。  

 

まとめ

⒈サドルにクッションを入れると重くなってしまう

⒉漕ぐ力のロスになる

⒊そもそもサドルに柔らかさは必要ない

⒋ポジションを定めやすくする

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , ,