cyclist channel

サイクリストチャンネル

ロードバイクの性能を100%引き出すために必要な『七つ道具』

      2016/06/19

cyclists-847896_640

ロードバイクは人力で最も速く移動することができる乗り物です。

使用目的は人それぞれ。旅、レース、日常生活と用途はたくさんありますが、どれも持ち主へ最高の一時をもたらすことでしょう。

風を切る感覚、前へ滑走する感覚は日常生活では味わうことのできない新鮮なもので、大きな爽快感と共に楽しさも味わうことができます。  

スポンサーリンク

⒈ 様々な技術の賜物であるロードバイク

 

cycling-664758_640

そんな魅力的なロードバイク。しかし、はじめるには敷居が高い。そう思っている方は多いと思います。 もちろん、ロードバイクは安価なものではありません。パーツの一つ一つが精密に造られており、より速く走ることができるように長い歴史の中で改良されてきたものです。つまり、ロードバイクには様々な技術や製作者の想いが込められています。

努力や技術一つの製品としてまとめ上げられ完成しているのです。このことを考えると、高価な理由が分かるでしょう。しかし私は、ロードバイクが価格以上のパフォーマンスを見せてくれるものだと思っています。  

 

⒉ ロードバイクを始めるにあたって

landscape-829690_640

 

ロードバイクは車体の購入だけでも始めることができます。用途によってはそれだけでも十分な機能を発揮してくれることでしょう。 しかしながら、ロードバイクの本来の力を最大限引き出すためにはそれだけでは不十分です。 もちろん、高価なホイールやタイヤ、フレーム、コンポーネントで組んだ車体は、安価なパーツで組んだ車体より速く、快適に走行することが可能となります。

しかし、上位パーツで組んだ車体は非常に高価であるため、初心者が簡単な気持ちで購入できるものではありません。では、初心者が低価格帯のロードバイクで十分な性能を得るにはどうしたら良いのでしょう。

 

⒉1 ロードバイクの性能を引き出すためには

 

bike-959755_640

ロードバイクの『最大限の力』を引き出すために、知っておかなければならない重要なものがあります。 それは、ロードバイクに乗るときの『装備(道具)』です。初心者がロードバイクで高速巡行をしたり、快適な走行をするには、筋力や技術などの身体的なものが必要になります。

しかしそれは、天性の才能があったり、努力しない限り身に付くことはありません。ロードバイク初心者が速くなりたいと思った時にまずすべきことは、ロードバイクに関する装備(道具)を揃えることなのです。

今回はサイクリングをより快適に行うのに必要な装備(道具)について紹介していきたいと思います。

 

⒊ ロードバイクに乗る際に最適な装備の一覧

・ヘルメット
・サングラス
・サイクルジャージ
・グローブ
・サイクルパンツ
・サイクルソックス
・ビンディングシューズ  

 

⒊1 ヘルメット

head-protection-1006315_640

ヘルメットは公道において着用義務がありません。しかし、私はヘルメットを着用することを強くおすすめします。ヘルメットの着用は面倒という方もいるとは思いますが、自分の身を守るためにも着用したほうが良いです。

ロードレースなどのような高速で巡航する場面で落車した時のことを想像してみて下さい。ロードバイクは人の空気抵抗を減らすためにサドルの位置が高く、ハンドルの位置が低い構造をとっています。従って、何かに衝突したり、段差によって落車したりしてしまった場合、思いっきり前に投げ出されます。 これにより強く頭を打ってしまう可能性が非常に高いのです。

さらに、普通の自転車ならば走行速度が遅いため、落車しても大きな怪我になる確率は低いですが、ロードバイクの場合、下手すれば車と同じくらいのスピードで車体から投げ出されます。

ロードバイクは初心者でも瞬間的であれば40km/hくらいなら簡単に出すことができます。原付が30km/h以上出してはいけないという法律があり、それと共にヘルメット着用の義務もあるというのに、それよりも速いロードバイクに義務がないのはおかしいくらいです。  

ロードバイクの制限速度ってあるの?と疑問を持った方はこの記事を参考にしてください↓

round-585247_640ロードバイクに制限速度はあるのか
原付は30km/h以下、最高指定速度がない場合でも自動車は60km/h以下しかスピードを出してはいけないというような道路交通法ってあります...

また、ヘルメットを着用することによって高速域での空気抵抗を大幅に減少させることができます。ヘルメットの流線型は空気をうまく流す役割があるのです。

ヘルメットの選び方はこの記事を参考にしてください↓

 

⒊2 サングラス

oakley-856122_640-2

サングラスといえば日光から目を守るものですが、ロードバイクにおけるサングラスの着用はそれ以外の意味も持っています。 サングラスはロードバイクに乗っている時の安全性(事故予防)を高める為にとても大切なアイテムなのです。 ロードバイク走行中、虫が目に入ってしまったり、小石がとんできて目に直撃したら視界を奪われることになるので、事故を起こしてしまう可能性が非常に高くなってしまいます。

また、眼球が傷つき怪我を負ってしまうことも考えられます。 しかし、サングラスは目のプロテクターとして働いてくれるため、このようなリスクをかなり軽減してくれるというわけです。 さらに、サングラスは集中力を向上させる効果もあるため、思わぬ事故へのリスクも下がります。  

スポンサーリンク

 

 

⒊3 サイクルジャージ

sport-938797_640

サイクルジャージは快適なライドをするためにとても重要なものです。理由として、速乾機能と服の形状が挙げられます。  

 

速乾機能の大切さ

サイクリング中や練習中は冬場でも相当な汗をかきます。少し肌寒いなと思うような日に冬用の生地が厚いサイクルジャージを着ていき、とても後悔したことが多々有ります。それくらい汗を掻くのです。 この汗、もちろんその時に着用している服が吸収してくれるわけですが、速乾性がないと夏は暑くなってしまい、冬は汗冷えの危険性も生じてしまいます。夏の汗ベタベタ状態は非常に不快です。

一方、冬の場合、汗冷えをしてしまうことによってむしろ、服を着ていない時よりも寒いくらいの体感温度になってしまいます。これは低体温症や風邪を引き起こす原因にも成り得るのです。

 

  服の形状

サイクルジャージは普通の服と少し形状が異なります。もちろん普通の運動着でサイクリングをしても大丈夫ですが、サイクルジャージは、よりサイクリングを快適に行えるように進化した形状をとっているのです。 サイクルジャージは服後方の裾の部分が長く、さらにそこにポケットが付いています。これは常に前傾姿勢を維持するようなロードバイクに乗っていることを想定し、前かがみ状態でも背中が隠れるようになっているのです。

またポケットは、サイクリングの際、小まめに栄養補給を行えるようにするために付いています。小まめな栄養補給をすることによって『ハンガーノック』になるのを防いでいます。

ハンガーノックについて紹介した記事がこちらになります↓

road-bike-761307_640ロードバイク乗りが『ハンガーノック』にならないためにすべきこと
ハンガーノックとは、長時間の運動することによって極度の低血糖状態になることを言います。マラソンや長距離サイクリングなどのスポー...

また、サイクルジャージに襟がついているのは、上からの日光を避けるためです。首の後ろは常に日光が当たる位置にあるため、襟がついているのとそうでないものでは、日焼けに大きな差が出ます。      

 

⒊4 グローブ

sport-938792_640

グローブは、日焼け防止、滑り止め効果、疲れ軽減、転んだ時のクッションなど様々な役割を持っています 。グローブの種類は大きく分けて、オープンフィンガータイプとフルフィンガータイプの二種類があります。オープンフィンガーは夏用、フルフィンガーは冬用です。 グローブには、手のひらの部分に厚いクッションがあるものと、ほぼクッションがないものがあります。 これらは、用途によって使い分けましょう。

 

クッションが厚いタイプ

このタイプは、ロングライドに向いています。特に慣れてないうちのロングライドは手のひらが疲れると思います。それは地面から伝わってくる振動や、手のひらに体重がかかりすぎている事からくる血行の悪さによるものです。クッションが厚いタイプのグローブはこのような要因を解消してくれます。

 

クッションが薄いタイプ

このタイプは、短距離レースに向いています。 瞬発的な力が大切になってくるこのようなレースでは、レスポンスが重要になってくるため、生地が薄い方がいいのです。さらに、余分な柔らかさがなくなるため、力が入りやすくなります。

 

⒊5 サイクルパンツ(レーパン)

bike-233343_640

  サイクルパンツにはパットが入っています。このパットのおかげで硬いサドルによって生じる股擦れを解消することができます。またクッッション性が高いため、ロングライドにおけるお尻の痛みを軽減してくれます。 また、サイクルパンツは体にかなりフィットするように作られています。

体にフィットしているためチェーンの汚れが裾についたり、クランクに引っかかり破けてしまうことがありません。空気抵抗の軽減において重要な役割を果たしています。さらに伸縮性が高いため、脚の可動域を拡大することができます。 サイクルパンツもサイクルジャージと同じように吸水性、速乾性が高いため運動時の着用にとても適しています。  

 

⒊6 サイクルソックス

round-585247_640

  サイクルソックスは普通の靴下とは形状が異なっていて、立体的に作られています。これにより、足の疲労軽減に大きく貢献しています。さらに、吸水性、速乾性に優れているため、高温多湿になりやすいシューズの中をある程度快適な環境にしてくれます。しかし、今回紹介したアイテムの中では必要性が一番低いと考えられます。  

 

⒊7 ビンディングシューズ

cycling-800834_640

  ビンディングシューズはロードバイクをロードバイクだと感じさせることができるアイテムです。一見何を言っているのか意味がわからないと思いますが、ビンディングシューズを履いて乗るのとそうでないものを比べると感覚が全く違います。 ビンディングシューズはペダルにくっつく構造になっているため『引き足』を使うことができます。

引き脚というのは、普通の自転車を漕いでいる時力を入れるのは下に押している時だけであるのに対し、引くモーションの時も力を入れることができるというものです。 これによって、ペダリングのロスが減るため長距離走った後の疲労感が全く異なります。  

 

⒋ 最後に

青森編_932

ロードバイクに乗るなら是非上記に示した装備(道具)を揃えることをおすすめします。楽しいロードバイクライフを送ってください。

スポンサーリンク

 - 知識 , , , , , , , , , , , , , ,